2018年に出会った「最高!」な本ベスト10冊

文芸批評、外国文学、日本文学、学術書、エッセイ、芸術論書。多彩なジャンルの中から三宅香帆が2018年に出会った「最高!」な本ベスト10冊をセレクト。冬休みのおともに、ぜひ。

 2018年、どんな年でした?
 嬉しかったり楽しかったりつらかったり大変だったり、まぁわたしもあなたもいろいろあったと思うんですが、いろいろあった一年をぼんやりと振り返りつつ、コレを考えてみましょう。
 コレ。そう、年末の醍醐味、年間ベスト・ブック・オブ・ザ・イヤーを!!!
 2018年に自分が出会ったすべての本のなかで、いちばん面白かった本!!!!

 というわけで、ちょっとわたしの場合の2018年に出会った本ベスト10冊を挙げてみました。
 ぜひあなたのベスト10冊も教えてくださいね~。
 今年もあいかわらず、本は、最高!!!!!


10.わたしたちはいつまで社会と戦わなくてはならないのだろう?

『戦う姫、働く少女』河野真太郎
(堀之内出版)

 アナ雪やら逃げ恥やら昨今流行りのヒロイン像を、ポストフェミニズム的に読み解いた文芸批評。ぽすとふぇみにずむ、というと難しそうに聞こえるかもしれないけれど、ディズニーやジブリの物語がどのように「働く女性」をヒロインに据え、どこに「働く女性」の幸福を見出してきたか、逡巡と葛藤の道のりを知ることができる良書。
 ずっとむかし、「男も女も働けばもっと一人ずつの負担は軽くなるよね」って教えられていたのに。どうして時間が経って社会が進んで、蓋を開けてみれば、こんなにみんなが疲れる社会なのだろう? 物語でも現実でも、きっとヒロインたちの戦いは続いているのだ、ずっと。

9.悪夢のような物語が、そのまま自分の鏡となる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

m3_myk # というわけでした(字数の関係でいろいろ略してます、すみません🙏)。 ベスト10の詳細な感想はこちら( https://t.co/HIKWfWpCQ6 )に書いております〜。とくに上位5冊は価値観を変… https://t.co/UDR9SvLiNb 7ヶ月前 replyretweetfavorite

makotoharukaze ホテル・ニューハンプシャーきになる。 市川拓司も読んだって言ってたな。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

yriica よきまとめ記事を見つけてしまった…!!年末年始に読もうっと。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

feilong “23838” https://t.co/a88d8RxXNn 7ヶ月前 replyretweetfavorite