人口の約5%が被害に遭った東日本大震災、次は「国民の半分」

国民の半数が被災者になる可能性がある南海トラフ大地震。それは「来るかもしれない」のではなくて、「必ず来る」。関東大震災の火災、阪神・淡路大震災の家屋倒壊、東日本大震災の津波。その三つを同時に経験する可能性がある。首都圏を襲う大地震も懸念される。
ホンネがホンキの対策を生む! 話題の書籍『次の震災について本当のことを話してみよう。』のcakes連載版!

※これまでのお話は<こちら>から。

新幹線走行中の激震

 富士山を左に見ながら東海道新幹線に乗っていたら、突然、社内で携帯の音が一斉に鳴り響いた。緊急地震速報だ。同時に急ブレーキ、速度が落ち始めたところで、カタカタカタ……。
 いつもの車内の揺れとは少し違う。揺れがどんどん激しく、大きくなっていく。車窓の富士山がぶれて見える。おや? と思ったその瞬間……。
 ドーンドーン!
 ものすごい衝撃とともに、体が投げ出された。キャー、ギャーという悲鳴を上げて、人が宙に浮く。ギギギー! 車両が大きく左右に揺さぶられ、レールとこすれる金属音が耳をつんざいた。棚の荷物が飛んでくる。あちこちで悲鳴が聞こえる。
 車両は何とか止まった。だが、地面全体がまだ大きく揺れ動いている。右へ左へ、その中、片手に握りしめていた携帯の画面に何とか目をやると、「東海道沖を震源にM8・0」と速報が出ている。東海地震だ。この揺れだと東海地震と東南海地震が連動したかもしれない。
 ガタン! 車両の後ろが沈み込んだ感覚がした。座席の背もたれにしがみつきながら、延々と続く激しい揺れに耐えた。
 生きた心地はしなかったが、揺れは収まったようだ。体中に痛みが走る。周りには動けない乗客もいる。
 そして、再び携帯のアラーム音が鳴った。
 「緊急地震速報 四国沖で地震 最大震度7(推定)」
 ああ、もう南海地震まで連動している。もうろうとする意識の中で、車掌の指示に従って外に出た。眼前に広がっていたのは、無数の煙が立ち上る街と、遠くに見える富士山。その中腹から煙が立ち上っているように見える。そのとき、遠くから叫び声が聞こえた。「津波が来るぞー!」
 私は、絶望感に襲われながら、とにかく線路から離れ高台に逃げようと足を前に運んだ。

 ……これはあくまで想像のシミュレーションの世界です。もちろん、私もこんな地獄絵に遭遇したくはありません。しかし、あり得なくはないと思って、新幹線に乗るときに心構えはしています。これよりもっと酷い惨事が、日本各地で同時発生する。それが南海トラフ巨大地震の恐ろしさなのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

好評につき、9刷が決定! cakes版には未掲載の本文関連小ネタも掲載

この連載について

初回を読む
次の震災について本当のことを話してみよう。

福和伸夫

国民の半数が被災者になる可能性がある南海トラフ大地震。それは「来るかもしれない」のではなくて、「必ず来る」。関東大震災の火災、阪神・淡路大震災の家屋倒壊、東日本大震災の津波。その三つを同時に経験する可能性がある。首都圏を襲う大地震も懸...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

HIKILINER0627 「中部・西日本大震災」という未曾有の災害 https://t.co/Y3PJ3TH2u6 #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite