九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【ユリ根】

ホフほふとして、まず食感が懐かしい。
「夜十一時から明け方までは外に出ないでください」局長は告げた。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

 ユリの根をはがしてゆくとやわらかな天使の鎖骨ほぐされてゆく



 その町は、百パーセント風車で発電をしていた。

 風車の下一面は白い百合の花。

「オランダを目指してるんですよ。あそこは古い家形の風車にチューリップですけど」

 移住推進局長がわたしを案内する。

 過労で体を壊したわたしは、都会からの撤退を決めた。

「来ます、ここに」

 わたしは局長に告げる。


「ユリ根が特産品でね」

 局長は言う。

「まあ、召し上がってください」

 ホフほふとして、まず食感が懐かしい。

 そして見た目で玉ねぎの味を予想していたのだが裏切られ、芋っぽい。


「夜十一時から明け方までは外に出ないでください」

 局長は告げた。


 移住初日。

 深夜一時過ぎに外に出る。なぜ外に出てはならないのか、やはり気になる。


 風と風車の音だけがする丘に上る。

 海と大陸の砂の匂いがする。


 見上げていると、光る鳥のようなものが次々に風車に当たり、落下する。


 近づくと、鳥のような魚のような、光り物。

 それらが土に染み込んでゆく。

 百合の花が光を帯びる。

 そうして轆(ろく)轤(ろ)の上の粘土のように、次第に形を持ち始め、立ち上がる。


 新種の生物なのだろう。

 眩しすぎて見ていられない。


「気付きました?」

 振り返ると局長がいる。

「ユリ根は彼らの脳なんです」


 白い風車が巨大な百合の花に見えてくる。




 マリア像並木としての白風車回転はイエスへの子守唄


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」第2回15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.53(2018年12月号)[雑誌]

朱野帰子,寺地はるな,結城充考,荻上チキ,平原卓,渋谷直角,柳瀬博一,さやわか,越谷オサム,伊藤朱里,十市社,赤楚衛二,中山七里,宮木あや子,九螺ささら,吉野万理子,青柳碧人,東川篤哉,最果タヒ,乾緑郎,門井慶喜,ふみふみこ,千葉雅也,砂田麻美,カレー沢薫,本坊元児,恒川光太郎,新納翔,新井久幸,あいみょん
新潮社
2018-11-16

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません