わかる日本書紀① 神々と英雄の時代

天地の始まりと神々の時代【神代①】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した『わかる日本書紀① 神々と英雄の時代』から、日本の正史を学ぶ新連載。

世界の始まりと三柱(みはしら)の神

はるかな昔、天と地はまだ分かれていませんでした。陰と陽もはっきりせず混沌としている様子は、まるで鶏の卵の中身のようで、ほの暗くはっきり見ることはできませんでしたが、これから何かが生まれてくる気配をはらんでいました。

その中の清く明るい気がたなびいて先に天になり、重くて濁ったものが沈んでいってゆっくりと地になりました。そうしてその中に、神が生まれたのです。

我が国でも、天地が開け始めたとき、洲(す)や島が浮かび漂うさまは、泳ぐ魚が水面に浮かんでいるようでした。そのとき、天地の中に一つの物が生まれました。形は萌え出る葦(あし)の芽のようで、そのまま神になりました。クニノトコタチ(国常立尊/くにのとこたちのみこと)といいます。次にクニノサツチ(国狭槌尊/くにのさつちのみこと)、次にトヨクムヌ(豊斟渟尊/とよくむぬのみこと)が生まれました。合わせて三柱(みはしら)の神です。この三柱の神は陽の気だけで生まれた純粋な男神です。


神を柱と数えるのはなぜ?
高い樹木や建物の柱を神の依り代とする信仰から、神を数える単位になったと考えられる。
陽の気だけで生まれるって?
『古事記』では、最初に生まれる三神(天之御中主神/あめのみなかぬしのかみ、高御産巣日神/たかみむすひのかみ、神産巣日神/かむむすひのかみ)は、男女の概念を超えた「独神(ひとりかみ)」として描かれる。一方、『日本書紀』は中国の陰陽論に基づいているため、最初に生まれるクニノトコタチ、クニノサツチ、トヨクムヌの三神も男女どちらかである必要があった。その結果が陽だけで生まれた男神である。


四対の八柱(やはしら)の神

次々に神が現われました。

ウヒジニ(埿土煑尊/うひじにのみこと)とスヒジニ(沙土煑尊/すひじにのみこと)。次に、オオトノジ(大戸之道尊/おおとのじのみこと)とオオトマベ(大苫辺尊/おおとまべのみこと)。次に、オモダル(面足尊/おもだるのみこと)とカシコネ(惶根尊/かしこねのみこと)。 そして、イザナキ( 伊奘諾尊/いざなきのみこと)とイザナミ( 伊奘冉尊/いざなみのみこと)です。

以上八柱の神々は、陰と陽が交じり合ってできました。それで男女一対の神になっています。クニノトコタチから、イザナキとイザナミまでを神世七代(かむよななよ)と言います。


イザナキとイザナミの国生み

イザナキ(伊弉諾尊/いざなきのみこと)とイザナミ(伊弉冉尊/いざなみのみこと)は天浮橋(あまのうきはし)※1に立って、「この底の下に、きっと国があるはずだ」と話し合って、美しい玉飾りのついた矛(ほこ)を遥か下の方に指し下ろして探ってみますと、青海原(あおうなばら)がありました。その矛の先から滴り落ちた潮が固まり、島となりました。

二柱の神は、この島を碬馭盧島(おのごろしま)※2と名付け、下り立って夫婦になり国を生もうとしました。この島を国の中心に立てる御柱※3として、男神は柱を左から、女神は右から回って、顔を合わせたとき、女神が先に、
「まあ、なんて麗しい若者でしょう」
と言いました。すると男神はうれしくなさそうに答えました。
「私は男神だから、まず私から声をかけるべきなのに、道理に反して女神のあなたから声をかけたのは不吉だ。やり直そう」
そこで二神はまた柱を回って顔を合わせ、今度は男神が先に、
「ああ、なんと麗しい乙女だろう」
と言いました。そしてこう尋ねました。
「あなたの身体はどうなっていますか」
女神は答えました。
「私の体には雌の源(めのみなもと)というところが一つあります」
すると男神も、
「私の体にも雄の源(おのみなもと)というところが一つあります。私の体の源を、あなたの源に合わせましょう」
と言って、陰と陽が初めて合わさって夫婦となりました。初めて生まれた子は、淡路島(あわじしま)でしたが、満足な出来ではありませんでした。そこで吾恥(あはじ)の意味で淡路島と呼びました。

次に、大日本豊秋津洲(おおやまととよあきづしま)を生みました。
次に、伊予二名洲(いよのふたなのしまを)生みました。
次に、筑紫洲(つくしのしま)を生みました。
次に隠岐洲(おきのしま)と佐渡洲(さどのしま)の双子の洲(しま)を生みました。世の人が双子を生むことがあるのは、これを倣ならったものなのです。
次に越洲(こしのしま)、
次に大洲(おおしま)、
次に吉備子洲(きびのこじま)を生みました。

以上八つの洲を生んだので、大八洲国(おおやしまのくに)の名が付きました。 対馬島(つしま)、壱岐島(いきのしま)や、あちらこちらの小さな島は、皆、潮の泡か水の泡が固まってできたものです。




※1 天浮橋
『橋』は「ハシゴ」のように地面に対して垂直のものもいう。ここは天上界と地上界とを結ぶ垂直の「はし」を示しているのだろう。

※2 碬馭盧島
「おのごろ」とは「おのずから、こりかたまる」意である。勿論想像上の島であるが、淡路島周辺の沖ノ島(和歌山県)、沼島(兵庫県)、絵島(兵庫県)などがその具体として考えられてきている。

※3 御柱
柱を世界の中心とする考え方は「一家の大黒柱」にも表れている。そうした柱を回る行為は、たとえば現代の盆踊りにも通じる。

島?洲?どう違う?
現代語で「洲」というと「中洲」のようなアイランドを思い起こしてしまう。また、「島」は絶海の孤島のようなアイランドを想起するだろう。しかし、「洲」は同じアイランドでも人の住むことが可能な土地を示し、「島(嶋)」は単にアイランドの意である。したがって「磤馭慮島」であり、「大日本豊秋津洲」となる。
・大日本豊秋津洲…本州。
・伊予の二名洲…四国。
・筑紫洲…九州。
・隠岐洲と佐渡洲…隠岐の島と佐渡島(さどがしま)。
・越洲…北陸のこと。
・大洲…山口県の屋代島といわれる。
・吉備子洲…岡山県の児島半島。当時は 島だった。

★次回更新は2月4日(月)です。


日本のはじまりを知る一冊。

マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀1 神々と英雄の時代

村上 ナッツ,村田 右富実,つだ ゆみ
西日本出版社
2018-12-18

この連載について

わかる日本書紀① 神々と英雄の時代

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

liliy3298 @Radcliffe_2_ 女の子から誘ったんじゃなかったっけ?と思って調べたら、女の子から誘うのは間違いだから、って神様たちがやり直してた。。。 https://t.co/fOUVmSG6Wo 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

jimotonohon cakesにて『 毎週月曜、10時更新です。どうぞよろしくお願いいたします。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

r28 日本書紀は大学の時に国文学で散々やった筈だが全然覚えていない。勉強しなおそう。。。 10ヶ月前 replyretweetfavorite