#18 教団トップが激白6時間「臭いけど旨いんです」(深見東州/ワールドメイト リーダー)

教団トップの顔とギャグ満載の風変わりな広告を新聞などに大量掲載するワールドメイト。コンサートやチャリティー活動など、宗教とは無関係にも思える取り組みの狙いは何か。深見東州氏に聞いた。

──深見さんの顔写真入りの新聞広告を数多く出していますね。

 “天啓”によって60歳から新聞広告を出すことにしました。その一番のメリットは、ワールドメイトの存在を多くの人に知ってもらえたことです。新会員が大幅に増えたわけではありませんが、会員の親の反対が減り、退会者も少なくなりました。

本名・半田晴久/1951年3月兵庫県生まれ。67歳。同志社大学経済学部卒業後、大和ハウスに入社。78年に三十鈴(現・ミスズ)設立。84年12月にワールドメイトの前身のコスモコアを設立。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新宗教の寿命 伸びる教団 縮む教団

週刊ダイヤモンド

「平成」からの御代替わりが間近に迫る今、新宗教界も節目を迎えている。7月には平成時代の象徴ともいえるオウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)らに死刑が執行。最強教団・創価学会では重病説が流れるカリスマ、池田大作名誉会長の“Xデー”が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません