離乳食」は作らないほうがうまくいく!ー③利便性

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。
栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます!
1月中旬発売予定の書籍『小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいです。』より掲載。毎週水・土に配信。

手作り離乳食の問題点➌
外出時の持ち運びが大変


◎密閉容器に入れても、漏れることがある

◎腐敗する可能性がある
(保冷剤と一緒に持ち歩く必要がある)

◎持って行っても食べないときは持ち帰り、捨てないといけない

◎食べ終わっても容器を捨てることができず、かさばる


子どもを連れて外出しようとすると、荷物がどんどん増えていきます。

特に離乳食の時期の外出は大変です。
せっかく持って行った離乳食がぐちゃ ぐちゃになって容器かられてしまい、それがバッグのなかに散乱し、着替 えやオムツバッグが汚れて食べ物のにおいになってしまったら、お出かけしてリフレッシュするはずが、悲しい気持ちでいっぱいになりますよね。

レストランによっては、持ち込みさえダメなところもあります。
しかし、市販の離乳食を用意しているところもあるので、予約するときにいろいろ聞いてみましょう。

ベビーカーを持ち込めないところもあります。 この時期の外出は荷物は多いし、子どもも重いし、気もつかうし、本当に心身ともに疲れます。



「買う離乳食」ならここが解決➌
持ち運びに便利、外出先で買うこともできる


◎絶対に漏れない

◎絶対に腐らない(開封前は常温で保存可能)

◎食べ終わった容器は外出先で捨てるだけ

◎食べなかったとしても持ち帰り、次に使える、保存がきく


市販離乳食を家にストックしておけば、急なお出かけにも役立ちます。
スプーン1本あれば、スーパーマーケットやドラッグストアで離乳食を買って食べさせる、ということもできます。

開封前であれば常温で保存が可能なため、保冷剤を一緒に持って行く必要はありません。
食べた後はそのままゴミ箱にポイと捨てればいいので、荷物がかさばることもありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

小児科医のママが教える、ママも子どもも笑顔になれる育児革命本!

この連載について

初回を読む
離乳食は作らなくてもいいんです。

工藤紀子

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。 栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます! ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Lave_chamo フリーズドライの離乳食なんて便利だし、ウチの三男は外出先ではそればっかりでしたが、ちゃんと良い子になったので食わせて心配無しですw 3ヶ月前 replyretweetfavorite