離乳食」は作らないほうがうまくいく!ー①衛生面

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。
栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます!
1月中旬発売予定の書籍『小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいです。』より掲載。毎週水・土に配信。

「買う離乳食」に替えれば
よいことがいっぱい

市販の離乳食を活用するとどんなメリットがあるのか、手作り離乳食と比べながら考えてみましょう。「離乳食作り」から解放されると、じつはこんなよいことがあるのです。


手作り離乳食の問題点➊
調理に手間と時間がかかり、衛生面の管理が難しい

◎細かくきざむ、すり鉢でする、網で裏ごしするetc.
 手間と時間がかかる

離乳食を作ろうと思ったとき、「離乳食作りキット」を買って来る方もいらっしゃるでしょう。
このキットには、すりばち、こすためのあみ、食材をつぶすための道具などが入っています。

これらを使って離乳食を作るとなると、思っているよりずっと手がかかります。
終わった後は、すり鉢の目地や細かい網につまった食材をきれいに掃除そうじするのも大変です。


◎少量なので焦げやすい

作るものはごく少量なので、通常の調理に比べて断然げやすく、つねにおなべのそばにいないといけません。


◎衛生面の管理をしっかりしないといけない(まな板、包丁、食器の消毒)

食事を作るときに適切な手洗いや洗浄せんじょうをしていないために、きんやウイルスが 食べ物に付着し、それを口に入れてしまうことがあります。

大人の場合は、「ちょっとお腹痛いな」「ちょっとお腹がはるな」「ちょっとムカムカするな」という程度ですむものも、
子どもは激しい嘔吐おうと下痢げりになり、ひどい場合は脱水症状だっすいしょうじょうを起こし、血便けつべんが出て、最悪のケースでは死にいたることもあるため、 食材の扱いには厳重げんじゅうな注意が必要です。

離乳食を作る際は、衛生面の管理を徹底しなくてはなりません。

・手洗いをしっかりすること

・生肉や生魚をさわった手で、そのまま蛇口じゃぐちやフライパンなどの取っ手や食器にふれない、
 もちろん子どもにもふれないこと

・包丁、まな板はこまめに洗うこと

・ 生肉や生魚を切った後は、エタノールや次亜塩素酸じあえんそさんナトリウムで消毒するか、
 熱湯ねっとう消毒を行うこと

・生肉や生魚から出た水分が周囲に飛んで汚染しないように気をつけること

・野菜も必ず水洗いすること

これらすべてに気をつけながら離乳食調理を行わないといけません。

離乳食作りの本を見ると、「まとめて1週間分作るフリージングレシピ」なども散見さんけんされます。
この場合は、冷凍保存をするのでよりいっそう、衛生面に気をつけないといけません。

1週間分をまとめて作るには、それなりの時間も必要です。
週末や休みの日は離乳食作りのための買い物や調理に3時間くらいかける、ということになるでしょう。
そういう時間を確保するのもなかなか難しいことです。

私だったら、3時間あるなら寝たい! そう思います。



「買う離乳食」ならここが解決➊
手間も時間もかからず、
楽・早い・安全・保存ができる


◎調理ずみなので、いつでもどこでも「5秒で離乳食」が可能

食の安全や衛生面に配慮はいりょして作られた離乳食が、スーパーマーケット、ドラッグストア、そしてネットでも簡単に手に入ります。

これを「買って、開けて、食べさせる」
これだけですから、とても手軽で便利。 思い立ったらいつでもどこでも、「5秒で離乳食」です。

◎厳格な衛生管理が行き届いた工場で作られているので、
 安心して食べさせられる

市販の離乳食は安全にも十分配慮されています。 無菌むきん状態で充填じゅうてんされていますから、開けてすぐ食べた場合、食中毒が発生する危険性はほぼゼロです。

子どもに離乳食をあげる前にママが手を洗うことはもちろん必要ですが、何度も手を洗うことも、何度も包丁を洗うことも、何度も除菌じょきんスプレーで台所を清潔 せいけつにする必要もありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

小児科医のママが教える、ママも子どもも笑顔になれる育児革命本!

この連載について

初回を読む
離乳食は作らなくてもいいんです。

工藤紀子

育児の大変さがマックスになる時期に、さらに大変な思いをして離乳食を作ることはありません。 栄養バランスや衛生面が優れた市販の離乳食をうまく使えば、赤ちゃんの健康・発達によいうえに、ママに時間の余裕ができます! ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha らくちんというか、選択と集中。作る時間を食べさせる時間に力や時間をさけるのが良い。時間は有限だ。 2ヶ月前 replyretweetfavorite

tatsunyan1230 離乳食作り大変すぎェ… 2ヶ月前 replyretweetfavorite