死んでいる石と、生きている石

囲碁棋士の大橋拓文さんに、囲碁の印象をがらりと変える目から鱗の裏話とともに、囲碁の基本的なルールを教えていただくこの連載。第7回目は、「取られてしまう運命にある石」と「絶対に取られない石」についてお伝えします。

前回出てきたこの局面(図1)、「白模様の中で黒地を作る」とは、結局どういうことなのでしょうか?


図1

そもそも囲碁というゲームは、

① 陣地が多い方が勝ち
② 相手の石を囲むと取れる

でしたね。陣地を作るには、当り前ですが「取られない状態」でなくてはいけません。

囲碁は相手と自分の戦いですが、一局の中で様々なドラマが盤上に繰り広げられており、私は常々、石たちがまるで生きているように感じています。もしも第1回でこのような話をしたとしたら、おそらく「え、どういうこと?」と思われる方がほとんどでしょう。しかし、ここまで読んでくださった方には、「なんとなくわかる気がする」と思っていただけたらとても嬉しいです。

取られてしまう運命にある石~死に石~


図2

図2は白石が活路をすべて黒に塞がれて、取られてしまう場面です。第3回で説明したように、石は呼吸ができなくなる(活路がなくなる)と取られてしまいます。人間のようですね。そう、石にも人間のように「生き死に」があるのです。取られてしまうと明確に「死んだ」状態だとわかりますが、中には取り上げられずに盤上にあるのに「死んでいる石」もあります。


図3

中央と下辺の白▲はどちらも「取られて」はいませんが、逃げられないのはおわかりいただけると思います。どちらも周囲を黒石に囲まれて脱出できない形です。これを「死んでいる」状態といいます。つまり、「取られてしまう運命にある石=死に石」となります。

では、いよいよ本題。死に石の反対で、「絶対に取られない石」を「生き石」といいます。 もちろん、最終的に陣地を作るためには、生き石であることが必須条件ですね。絶対に取られない形とはどんな形でしょうか? 読み進める前に想像してみてください。

絶対に取られない石~生き石~


図4


図5

図4と図5の黒石は、まわりを白に囲まれて外に脱出することができません。一見、黒は絶望的な状況に思えますが、実はこの黒石、「絶対に取られない石」なのです。よくよく見るとどちらの図もAとBが白にとって着手禁止点になっていますね。たとえば、


図4-1

白1は黒△に囲まれた場所なので、入ることができません。白の着手禁止点です。


図4-2

こちらの白1も、図4-1と同様に白にとって着手禁止点のため、打てません。ここで重要なのは、「2部屋に黒地がわかれている」ということです。この「2部屋にわかれている」状態を「二眼(にがん)」といいます。新たな用語が出てきました。 陣地として囲った1部屋を「一眼(いちがん)」と呼び、「眼(め)がある」という表現をします。もしこれが一眼しかなかったらどうなるか。たとえば、次の図6を見てください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
3分でわかる囲碁入門

大橋拓文

数千年の歴史を持ち、時代も国も超えて愛されてきた囲碁。囲碁棋士の大橋拓文さんが、一般的な囲碁の印象をがらりと変える目から鱗の裏話とともに、囲碁の基本的なルールを教えます。読むだけで囲碁のおもしろさがわかる、初心者のための囲碁入門です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ohashihirofumi 第7回は二眼のお話です。 10ヶ月前 replyretweetfavorite