年越しそばの決定版レシピ

食の博識、樋口直哉さんによる科学的「おいしい料理」のつくり方。30回目のテーマは『年越しそば』です。今年の年末は、おいしい年越しそばを手作りしてみませんか? ポイントはたっぷりのお湯で茹で、そばを優しく扱うこと。アレンジメニューとして「豚バラのつけそば」もご紹介します。

年越しそばを手作りしましょう。年末になるとお蕎麦屋さんの店先で生麺の販売がはじまりますが、おすすめは安価に購入できる干しそば(乾麺)。そばの風味は上等な手打ちにはかないませんが、上手につくればなかなかいけます。

おそばを茹でるためにたっぷりの湯が必要なこともあり、生麺をお店のように茹でるのはなかなか難しいもの。しかし、乾麺なら家庭でも比較的、簡単に茹でることができます。なにより、年末の忙しい時期に生麺を買いに行くよりも今から乾麺を準備しておく方が楽です。


年越しそば

材料(2人前)
干しそば…200g
かけだし
 醤油…100cc
 ミリン…100cc
 水…1L
 鰹節…30g
ネギ…半本

作り方

1.かけだしをつくる。鍋に醤油100cc、ミリン100cc、水1L、鰹節30gを入れて、強火にかける。まわりが沸いてきたら弱火に落として、アクをとりながら5分間煮た後、ザルで濾して、鍋に戻しておく(Tips1『かけだしの割合は10:1:1』)


2.ネギは小口切りにして、水に1分間さらし、水気を切っておく。

水にさらすことで辛味が抜け、シャキシャキとした食感が出ます。ネギの味や香りは抜けますが、そばの香りを活かすためにネギは脇役になってもらいましょう。


3.鍋にたっぷりの水を入れ、強火で沸かす。この時、鍋の湯の一部を使って、丼をあらかじめ温めておく。


4.沸騰を確認したら、火加減を中火に落とし、乾そばをパラパラと入れる。はじめの1分間だけ混ぜ、吹きこぼれそうであれば火を弱める。鍋のなかでそばが対流するくらいの火加減を目安に袋の表示時間どおり茹でる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kohei_0321 メモ。 https://t.co/l71JDZuau7 6ヶ月前 replyretweetfavorite

keitaigarashi 明日はこれを作る予定。そばはやったことないけど、チャレンジ! 6ヶ月前 replyretweetfavorite

SetunaHearts #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite