フェル先生のさわやか人生相談

第40回】王子様と出会うには

あっという間に2013年も半分が終わってしまいました。「もう半年か……」と、時の流れの速さにうつむいてしまう人もいるかもしれませんが、フェル先生の人生相談を読んで上を向きましょう。今回はフェル先生からの巻頭言もあります!

※「フェル先生のさわやか人生相談」では、フェル先生に相談したい質問を募集しています。  お悩みのある方は、専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

早いものですね。何と今回で連載40回目。
一回に平均4人の方のご相談にお答えしているのですから、延べ人数は何と160人の方にお答えしたことになる。ご相談をお寄せ頂いた方々は、その後幸福に過ごされておられるでしょうか。後日談をお聞かせ頂ければ相談員として望外の幸甚であります。
さてさて、今回も張り切って参りましょう。

彼女が水着に着替えない

Q1. 彼女が貧乳です。去年海に行ったときに、ビキニのカップがあまりにもズレていたので、「上からのぞかれたら見えそうだ」と指摘したところ、それ以来水着を着てくれなくなってしまいました。僕はむしろ貧乳は大好きなものの、さすがに見えそうなのはまずいと思って指摘したのですが、激しく後悔しています。この夏、もう一度水着を着てもらうにはどうしたらいいでしょうか。(25歳・男性・通信)

A1.あああ。余計なことを言ってしまいましたね。残念ですが今年は一緒に海に行くのは諦めたほうが良いかも知れません。私も貧乳好きですが、貧乳の女性に対して、決して「胸が小さい」というニュアンスの話はしないようにしています。
どんなにド貧乳でも、たとえ洗濯板の上に小梅が乗っているような最貧乳でも、それを認めるような発言を男がしてはいけないのです。「小さいほうが好きだ」とか「小さいほうが感度がいいからね」というのも、一見評価しているようで居て、実は小さいことはガチで認めているのですからよく有りません。
貧乳の女性はよく「小さくてごめんなさい」、と言いますが(私は過去に4回ほど言われたことがあります)、たとえ相手がそう言っても、その言葉を認めてはいけません。「君の胸は小さくない」と繰り返し繰り返し言うようにして下さい。
しかし女性は何であれほど胸の大小にコダワルのでしょうね、こっちは全く気にしていないんですけどね。“巨乳”と称するデブのほうが、男としてはよほど萎えるんですけどね。

長女を可愛がらない夫

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

女優・橋本マナミさんとのスペシャル対談も収録で、ついに書籍化!

フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ
トランスワールドジャパン
2017-11-27

ケイクス

この連載について

初回を読む
フェル先生のさわやか人生相談

フェルディナント・ヤマグチ

恋愛投資家フェルディナント・ヤマグチが、あなたの恋と仕事の悩みにお答えするQ&A連載。第1回から飛ばしています。回答を読んで、彼氏と別れたくなった方、人生の岐路で悩んでいる方、フェルディナント先生にしかられたい方、質問どしどしお待ちし...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gogoferdinand え?まだcakesに登録してない人がいるの? 約5年前 replyretweetfavorite

sadaaki フェル先生の人生相談、最後の質問は出会いについて。やっぱりこの分野、さえわたっておられます。行動ですね。 約5年前 replyretweetfavorite

gogoferdinand 上を向いて歩こう! http://t.co/oHUsWGQmkO" 約5年前 replyretweetfavorite