子連れにウェルカムな国、台湾のやさしさに包まれたなら

父親になるってどういうこと? ググっても答えが出ないから自分で書いてみた。ライブやフェスをレポートするのが趣味のネットユーザー、本人さん(@biftech)による子育て実況連載、第16回。アクティブ夫婦の連れ歩きチャレンジ、今回は台湾へGO。子供にやさしい国で一家は…。

11月初旬、3人で台湾旅行に行った。前回、家事育児における夫婦間の認識違いについてエクセルファイルを10日放置したと書いたが、その頃の話。

経験を通じて成長してきた行動派なので、まとまった休みが難しくなる妻の育休明けまでにやれることやろうということで我ら夫婦の教育方針は一致している。妻の腹の中にいた頃から東名阪北陸中国九州そしてマレーシアと出張や旅行で色々なところへ連れて行かされてた息子だが、リリース後もほうぼうへ連れられながらもう生後半年。近所のお散歩から遠方滞在まで、自動車・バス・電車だけでなく新幹線も、とさまざまなチャレンジを繰り返し、いよいよ次は2歳児まで無料で乗せられる飛行機に挑戦させたいと考えていた。

そんな矢先、夫婦そろってプレー中であるポケモンGOのイベントが台南で開催され、限定ポケモンが期間限定でめっちゃ捕れるという大変な朗報が届いてしまう。そんなん行くしかないやん。もうここまで書くとアレだけど、子供の経験というより現段階では親の我々も楽しく生きるべく、早いうちから彼を連れて行き慣れたいという感じです。

そんなわけで約1週間の台湾旅行に繰り出したわけだが、なるほど飛行機×赤ん坊ってサグい。夫婦は、台湾LCCのタイガーエア機内でバチバチにモッシュかます赤子に対してライブハウスのステージ前警備員のごとく必死になっていた。

昼前のフライトに向けて、妻は窪塚洋介ワイフのブログ情報()を参考に「授乳しながら離陸し、耳がキーンとして泣くのを防ぎつつ満腹にて寝さす」という作戦を立てていた。さらに航空会社の厚意でほぼ満員なのに3席シートの両端を夫婦にあてがってくれるという実質子供席も完備。3時間の飛行は即優勝という見立てだった。

しかしそこはさすが「実際は大変だった」がつきものの育児。抜群の吸引力を誇る我が子は離陸前の注意事項説明中にさっさと乳吸いを完了。寝るどころか「ッキャー☆」というハイトーンボイスで周囲にその存在感を見せつけてくれた。そうだよね! 日中は寝ないよね! うんちとかもするよね! 飛行機って大変だ!

ようやく落ち着いたぜ……と思った頃に着陸態勢に入り、無事台湾にニーハオさせていただく。桃園空港でいくらか両替をしたのち、一家は即座にタクシーに乗ってポケモン祭り会場の台南に向かう新幹線へ。名物の駅弁は完売していたものの、セブンイレブンの惣菜が日本と同じくらい充実していた関係で新幹線には片手で持ちきれないほどの食料を同伴させて乗車した。

日本の新幹線と同系の車両なので妻に授乳室で乳やりしてきてもらい、その間テーブルに弁当、台湾おでん、ビールを並べた。そして妻子が戻ってきたので台湾飯ツアースタートじゃーいと召し上がろうとした刹那、息子の華麗なフットワークが冴えわたり、ビールを床へぶちまけるという旅の思い出作り行為である。そうだね! テーブル出した席で膝の上とか狭いよね!

息子がキャーキャー楽しそうな中、本来おしりを吹くはずの紙で床を掃除しながら、「仮にこれが東海道新幹線だったら私たちは全身からすいませんすいませんのオーラを放つ必要があるな」と気がついた。ほかの子のハシャギなども耳で聴きながら、ここ台湾は子供に対してはなから「ええんやで」と言ってもらえてるような空気が漂っていて不思議だ。この数時間前に、機内で子供が声を上げることに対して前列の日本人男性がシートの隙間からこちらを一瞥し、空いている隣の席に移ったりもしたっけ(気持ちは十分わかる)。東京ではおれですらそのウェルカまない空気に触れることがあるけど、少なくともこの車内でやらかしてる我々はこれを感じていない。このぬくもりはどこから……? そう思いながら台南に到着し、改札階に降りた我々の目に日本じゃありえんほど大きく書かれた「授乳室こちら」の案内板が迎えてくれたので、なにか納得した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
こうしておれは父になる(のか)

本人

「今にこの子は「パパ」としゃべるだろう。そのとき自分は、何としてきみを抱きしめたらよいか、再び考えてみよう」――ライブやフェスをレポートするのが趣味のネットユーザー、本人さん(@biftech)がはじめての子育てを実況! 父親目線で見...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

biftech 11月に台湾へ行った話。台湾で子育てをすれば色々解決するよ!(色々解決します) 9ヶ月前 replyretweetfavorite

ryohoben 子育て実況連載、第16回が更新されました。 9ヶ月前 replyretweetfavorite