わがままで非常識になれば楽しい人生が待っている

百鳥ユウカさんは陰鬱な過去と未来の楔を断ち切ると決め、アキの家で旅立ちの準備をしていた。

一緒に飛行機のチケットを探してるとき、アキがふいにユウカの足首を触った。

「あら、ユウカ、足首細いのね」

くすぐったさを覚えつつ、ユウカは自慢げに答えた。

「そうなんですよ、アキさん。私、足首だけは綺麗だって褒められるんですよね」

「そう、足首だけ? 変わった趣味の男になら受けるかもね」

なんだか褒められてるのか、けなされてるのか、わからないアキの言葉にユウカはそっと一言返した。

「世の中広いんですから、いますよ。そういう人も」

すると、アキはユウカのちっぽけな反抗心など見透かしたように言った。

「そう? 豊胸手術も受ければいいのに」

「え!? 豊胸ですか?」

「そうよ。胸がでかいと男の人の見る目が変わるわよ。道を歩いてたって、男の視線を感じるし。お店だって、顔がイマイチでも胸が大きいと採用したりするからね」

お店とは以前アキが経営していた夜のお店のことを言ってるんだろう。そういうお店では胸がぱっくり開いたような服を着るし、顔よりも胸ばかり見ているお客さんも多い。

「えー。そりゃアキさんみたいに胸が大きいと男の人から人気でしょうけど、小さくてもいいっていう人がいるはずですよ」

「あなたの考え方はいつもそうね。ニッチな方へニッチな方へと頭がいっちゃうのね。前に話さなかったかしら? 入り口は広い方がいいに決まってるじゃない」

「そんな入り口を広くして、誰でも彼でも入ってきたら、大変じゃないですか」

「胸が小さいほうがよくて、足首が綺麗な女が好きなんて、それ変態じゃない? あなたの家の門は変態しか通れないわ」

「なんでそうなるんですか!笑  アキさんこそ、自分が理解できない魅力は全部変態の好物にするのはやめてください」

あまりにアキの傍若無人な論法がおかしくて、ユウカは半笑いになって答えた。

「私はね、一般常識の話をしてるのよ。私ほど常識的な人間はいないんだから」

アキも負けじと言い張る。ユウカも今回のアキの思い付きの行動をなじる。

「アキさんほど非常識な人間を私は見たことありませんよ。こうして、氏素性もわからない私のような人間を家に招き入れて、一緒に沖縄に行こうとしてる」

「あら、私は結婚相手もそれで選んだわよ。氏素性なんて、そうそうわかるもんじゃないし」

「だからアキさんは非常識なんですよ」

「あら、あなたから見たら非常識かもしれないけど、私の人生にあこがれるでしょう?」

ユウカは答えに詰まった。嘘でも否定はできない。

「……はい」

「なら、あなたも非常識になればいいんじゃない?」

ここまで言われて、ユウカは今度は本当に何も言い返せなくなってしまった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

elba_isola |菅沙絵|結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜 豊胸手術といえばレントゲンに写ってこれなんだ?となって既往歴を読み返してみんなで、あ!となったことがある。 https://t.co/N7QS0aI32e 3ヶ月前 replyretweetfavorite

konkatsussss 1件のコメント https://t.co/THF5gDfe1B 3ヶ月前 replyretweetfavorite

konkatsussss 1件のコメント https://t.co/THF5gDfe1B 3ヶ月前 replyretweetfavorite