ネイルやエステ感覚で、レズ風俗を利用してほしい

大阪を拠点とする「レズっ娘クラブ」はこれまで事前の予約が必須でしたが、2018年に入ってから“当日予約”をはじめました。「女性がふと人恋しくなったとき、欲求を感じたとき、仕事終わりにそのまま帰宅したくなくなったとき、気軽に利用してもらいたい」という思いからです。同店の代表である御坊さんの思いは、著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』(WAVE出版)のタイトルに詰まっています。

レズ風俗界には悪質店もある。だから僕らが、女性が安心して性を愉しめるルールを作っていきたい—そんな現状を受けて、ウチでは数年前から「レズノミクス」を唱えてきました。

2017年5月に開催した10周年記念イベントのタイトルでもあるのですが、僕はこの言葉にウチのお店をさらに成長させようという決意を込めています。

まずは、たくさんのお客様にご利用いただいて、キャストも楽しく接客ができ、さらに収入も増えること。お小遣い稼ぎとしてではなく本業の収入の倍以上、稼げるようになってほしいと本気で思ってます。

閑古鳥が鳴くばかりだったオープン数週間で完全予約制に変更しましたが、2018年からついに「当日予約」の対応もはじめました。キャストがあいている日時を公開し、その日であれば当日でもご予約いただけるという新システムです。

男性向け風俗店でも予約する人はしますが、そうではなく、ふと「今日はそんな気分」となったときに、電話1本、ネット予約ひとつで指名し、気軽に利用する人が多いのです。それだけキャストの数がいるからこそ、できることです。

なんでもかんでも男性向け風俗のマネをしたいわけではありませんが、女性にも「今日はそんな気分」と人肌が恋しくなるときはあるでしょう。女性のお友だち同士で飲みに行ったあとに、なんとなく欲求を解放したくなるときもあるでしょう。

そんなときに気軽にご利用いただければいいな。

思い立ったときに、気持ちよくなってもらえたらいいな。

一度ご利用されたあとは、友だち同士で報告会や反省会なんかを開いて体験をシェアしてくれたらいいな……。

そんな思いではじめました。

お客様が利用しやすいよう、選択肢を増やす

何日も前から予約をして当日を指折り数えて待つのも愉しいひと時ですが、ふとキャストに会いたくなったとき、気持ちいい体験をしたくなったときに、気軽にすぐ利用できるというシステムがあってもいいじゃないか!

そうすることで女性にとっても“気持ちよくなること”がもっともっと日常的なものになっていけば、結果オーライです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

御坊

レズ風俗店ーー多くの人にとって、耳慣れない言葉でしょう。女性が女性に性サービスをするデリヘル店は全国的に少しずつ増えてきていますが、なかでも際立っているのが大阪ミナミを拠点とした「レズっ娘クラブ」。利用する女性にはレズビアン、バイセク...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MiyanoTakeaki ふと人恋しくなったその日に、レズ風俗を利用してもらうために。 https://t.co/gXONtNYaAo #スマートニュース 11ヶ月前 replyretweetfavorite