女性を傷つける悪質レズ風俗店、許すまじ!

大阪「レズっ娘クラブ」は、女性が安心して性を愉しめる場としてこれまで多くの女性客を受け入れてきました。その甲斐あってレズ風俗が少しずつ認知されるようになり、類似店も増えました。困ったことに、なかには利用する女性、働く女性をともに傷つけることになる悪質店も……。同店の代表であり、『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』(WAVE出版)の著者でもある御坊さんは、強い憤りを感じています。

僕のリサーチでは、2007年には全国でレズ風俗店が片手で足りるほどの数しかありませんでした。現在は数を増やし、メディアで紹介されることも増えています。得意のエゴサーチできっちり確認しています。

なかには「あのレズ風俗店漫画で話題の!」という触れ込みでちゃっかりメディア出演している別の店舗もあり、あっけに取られます。

いや、あの漫画の舞台となったのは、ウチなんですが……。個人的には不愉快ですが、それ以上に許せない“悪質店”も登場しているようです。

女性にサービスする人員として女性キャストを求人しているにもかかわらず、女性が面接をして働くことを決めると、そのお店は実態がありませんでした……とわかることがあります。

つまり、“ダミー店”だったのです。そうした店では採用されたキャストが「いま、女性のお客さんがいないから」などと強引にいいくるめられ、系列の男性向け風俗店に回されるのだとか。

そして、男性客への性サービスを強いられるのだそうです。だいたいの場合、「女性客がいない」というのがそもそも嘘。最初から男性向け風俗店で働かせるのが目的。

それなのに「うちのお店にはレズビアンコースがある」と騙っている場合がほとんどのようです。ダミー店のHPまで用意しているのだから、あきれます。たとえ本当に女性客がいないのだとしても、なぜそこで男性の相手をしなければならないのか。

前述しましたが、“講習”と称して男性スタッフの相手をさせられるというお店もあるといいます。男性を受け付けないタイプの女性だとしたら、いえ、その女性がバイセクシャルでもヘテロセクシャルでも、騙して男性にサービスをさせるのは完全にアウトです。それは、まぎれもない性暴力です。

女性を騙すために“レズ風俗店”を名乗るとは…

ほかにも、レズ風俗店のキャストとして撮影したプロフィール写真が、男性向け風俗店にも掲載されていたというケース。レズ風俗店といいながら、キャストに街中で女性に声をかけさせ客として店に連れてこいと“客引き”までさせるケース。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

御坊

レズ風俗店ーー多くの人にとって、耳慣れない言葉でしょう。女性が女性に性サービスをするデリヘル店は全国的に少しずつ増えてきていますが、なかでも際立っているのが大阪ミナミを拠点とした「レズっ娘クラブ」。利用する女性にはレズビアン、バイセク...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tya_mac まだあまり知られていませんが、レズ風俗にも悪質店があります。 https://t.co/bPJBp13X7z #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite

taburisu__zZ まだあまり知られていませんが、レズ風俗にも悪質店があります。 #SmartNews https://t.co/WHE7ebS6nB 6ヶ月前 replyretweetfavorite

giza1108 https://t.co/z5hdxUCUgA 6ヶ月前 replyretweetfavorite

uesam_skyblue まだあまり知られていませんが、レズ風俗にも悪質店があります。 https://t.co/nliWlUUa9h #スマートニュース 6ヶ月前 replyretweetfavorite