レズ風俗店キャストがモテまくった当時のLGBT事情

レズ風俗店「レズっ娘クラブ」には現在、「LGBTの一員として働いています!」というキャストは在籍していないそう。ひとりの人間として働いている、ただそれだけ。しかしLGBTを取り巻く状況がお店に影響することは、やはり多々あります。かつて“告白される率No.1”と呼ばれたあるキャストは、LGBTについてある程度は周知されはじめた現在なら、自分はそれほどモテなかったのではないかといいます。それはなぜ?

かつてはLGBTとしての考えを熱く語ってくれるキャストもいました。それが悪いとはいいません。でも、お客様の多くはLGBTについて議論したくてお店を利用されているわけではありません。

お客様がそれを求めるのなら、ふたりでそうしたことについてみっちり話し合うのも、ひとつの過ごし方でしょうけれど、そうでないのならお客様の心身を気持ちよくするために心を砕くべきです。

どうしたらお客様にご満足いただけるかを考えるのが、彼女のお仕事なのですから。

いまふり返ると、そのキャストはほかにそうした話をする場も耳を傾けてくれる人もおらず、お店にそれを求めていたようにも思います。彼女は短期間で辞めてしまいましたが、その後、どこかでそんな場所を見つけられたのでしょうか。気になります。

いま在籍しているキャストを見ると「LGBTの一員として、レズビアンとして働いています!」という感じはありません。それよりも、ただひとりの人間としてレズ風俗店で仕事をしているという雰囲気が伝わってきます。

レズ風俗店で働いているからといって、「LGBTとは」「レズビアンとは」と考えなければいけないということはないです。周りからそれを過度に期待されることもあってはならないと僕は思います。

当事者の孤独と後ろめたさを埋めてくれるキャスト

LGBTを、というよりレズビアン女性を取り巻く環境の変化について、あいなちゃんというキャストは卒業後に、「私、いまだったらあんなに告白されないと思う」と語っていました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

御坊

レズ風俗店ーー多くの人にとって、耳慣れない言葉でしょう。女性が女性に性サービスをするデリヘル店は全国的に少しずつ増えてきていますが、なかでも際立っているのが大阪ミナミを拠点とした「レズっ娘クラブ」。利用する女性にはレズビアン、バイセク...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません