写真で話そう

今日何枚写真を撮りましたか?

「ローマは一日して成らず」「雨垂れ石を穿つ」、言い方は色々ありますが、写真を一枚も撮らずに写真家になった人はいません。写真が上手くなるにはまずなにをするべきか、考えてみましょう。

ワタナベアニです。だいたい月に一度くらいのペースで外国にロケに行っています。仕事の合間に日常とは違う街に出て、出会った人を撮らせてもらう。言葉なんかどうせわからないんだし、神経を図太く行きます。写真を送ってくれ、とFacebookアカウントを聞かれ、それから何年もメッセージをやりとりしている人もいます。遠い国で、たった1分ほどしか会っていないのに。

たとえば家にいる犬を毎日撮っていると、犬の表情がわかってきたりして、写真がうまくなるかもしれません。それと同じように毎日ポートレートを撮りましょう。写真が上手になりたい人に質問です。先週、何人の写真を撮りましたか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
写真で話そう

ワタナベアニ

写真家・ワタナベアニさん。年中無休、四六時中、カメラのシャッターを切り続けています。この連載ではそんなワタナベアニさんのライフワークともいえる、ポートレート写真を掲載していきます。レンズのむこう側で写真家は何を思っているのか、その様子...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

watanabeani 更新しました。「写真で話そう」 https://t.co/gzQL2TJFcs 6ヶ月前 replyretweetfavorite