桃山商事の恋バカ日誌

恋人との買い物でモヤっとする瞬間

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、新感覚の恋バナ談義を繰り広げるこの連載。今回のテーマは「恋愛と買い物」です。恋人との買い物中に潜む、コミュニケーションの落とし穴について語り合っていきます。

恋人と買い物に行く理由

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 桃山商事の恋バナ連載、今月は恋愛と買い物について話していきます。

森田 恋愛のパートナーと買い物に行く機会って多いよね。食事に行ったついでとか、片方の買い物に付き合うとか。一緒に住んでたら、日用品や食材を買いにいく機会も多いし。

ワッコ そもそも買い物って恋人以外とはあんまり行かないですよね? わたしは基本一人で行くんですけど、それ以外では彼氏と行った記憶しかほとんどないです。

森田 俺も一人か妻と一緒か、どちらかかな。

ワッコ この前、32歳で「彼女いない歴=年齢」の男友達に女の人と買い物行ったことがあるかどうか聞いたら、「あるわけないじゃん!」って言われました。

清田 そっか。俺は妻と買い物に行くのがメインだけど、女友達ともよく行きます。逆に一人ではほとんど買い物しない。店員さんに声をかけられると買わなきゃプレッシャーに苛まれるため、一人だと余計な物をいろいろ買いかねないので……。

森田 清田代表は原稿の締め切りとか催促のプレッシャーには図太すぎるくらい強いのに、お店だと昔から妙に繊細ですよね。一人だと安心して試着もできないんだもんね。

ワッコ ちょっとディスが入りましたね。

清田 いや、仕事と買い物はまた別ですから……。

森田 まあそれはいいとして、清田みたいに店員さんからの声かけが苦手っていう人は、結構多いみたい。誰かと一緒だと、そのプレッシャーは紛れるよね。

清田 一方で、恋人と買い物に行く理由が「わからない」という人もいたよね。

森田 自分の物を買うのに、なぜ他人と行く必要があるのかっていう。

清田 「客観的な意見がほしい」「買い物の時間自体が楽しい」「デートを兼ねて」など、理由はいろいろあると思うけど、買い物には消費に対する考え方とか、他者との距離の取り方とか、その人の価値観がにじみ出るような気がする。

森田 意見の話でいうと、ある男性は、洋服を試着した彼女が「これどうかな?」と聞いてくるわりに、自分の意見が採用されないということをぼやいていた。

ワッコ 「お前の中で既に決まってんだろ?」みたいな気持ちになるんですかね。森田専務はおくさんに意見を聞くんですか?

森田 聞く聞く。俺の場合は意見というよりも、ある種の許可みたいなものなんだけど。

清田 それはお金の使い方的な許可ってこと?

森田 いや、そうではなくて、たとえば俺は帽子が好きでよく試着するんだけど、妻は「そもそもあなたは帽子が似合わない」と言って、買うことに反対するの。そういう意味での許可。

ワッコ 厳しいですね……。チッ!みたいに思わないんですか?

清田 好きに買わせてくれよ!とか。

森田 いや、正直思うこともあるよ。でも妻から不評なのも嫌なので、「どうでしょうか?」と聞くようにしてます。

ワッコ 清田代表も、おくさんや女友達に意見を求めるんですか?

清田 めっちゃ意見聞く! だけど、専務とはちょっと違う方向かも。というのも、ちょっと言い方が難しいんだけど、俺が意見を求めるのは「これ“清田的に”ありかな?」ってことを確認したいときでして……。

森田&ワッコ (笑)。

森田 どこのアーティストですかっていう。

清田 そうそう(笑)。ニュアンスとしては「YAZAWA」みたいな感じでKIYOTA的にありかどうかを聞く。

ワッコ アルファベットKIYOTA!

清田 自分のファッションは、身近なメンターたちのセンスを組み合わせる形で構成されてる感があるんですよ。正直、それに委ねている部分がある。アルファベットKIYOTAはメンターたちを頼りながら作り上げてきたイメージで、それを理解してくれてる人と買い物に行くって感じでしょうか。

ワッコ 社会的な見え方まで気にしてるとは(笑)。

清田 もちろん個人的に服が大好きなんだけど、自分のセンスだけで選んでると、何か似通ったものばかり買ってしまうような気がしてて。

森田 具体的にどういう意見をもらうの?「男っぽすぎる」とか「かわいすぎる」とか、そういうこと?

清田 そうそう。あとは、「いかにもKIYOTAっぽ過ぎてつまらない?」とか「これってKIYOTA的にチャレンジかな?」とか、そういったご意見もいただきます。

森田 気持ちいいくらい主役メンタルだね・・・・・・。それ、女友達だけではなく、妻にも聞くんだよね?

清田 聞きますね。プロデューサーだから。

ワッコ メンター飛び越えてプロデューサーだったんだ!

森田 さすがアーティスト。

清田 ていうか、ワッコと専務もKIYOTAのプロデューサー陣に入ってるからね。

森田 えっ?(笑)

ワッコ うちらも加わってるんだ。

清田 完全に入ってます。俺は黒い服を着たことがなかったけど、みんなで夏モノのセールに行ったとき、二人が「そろそろ黒もありなんじゃない?」って黒いシャツをオススメしてくれたじゃん。あれがまさにKIYOTAをプロデュースですよ。

ワッコ あの黒シャツが! でも担ってる意識なかったですよ。

森田 ないないない。

清田 これからもよろしくお願いします。

「好きそうだよね」という言葉のモヤモヤ

森田 ワッコは買い物で、彼氏に意見を求めたりする?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

matue236 →お尻が小さくて悩んでる女性に違和感 5ヶ月前 replyretweetfavorite

sobersobersober https://t.co/zVlkucgROv 好みを押し付けられたくないなぁ。センスが合う(&自分も欲しいと思ったの)なら構わないが。恋人になる前に互いの服装を一度は見るだろうから、それが個性的… https://t.co/C4mvPQ1o1P 5ヶ月前 replyretweetfavorite

momowakko cakes連載が更新されました。今回は、消費に対する考え方や他者との距離の取り方など、その人の価値観がにじみ出る「買い物」の瞬間がテーマです。清田がマンスプかましてしまった過去の思い出も語っておりますので、もしよかったらぜひ…✨🙏✨ https://t.co/2uKzEr2fIj 5ヶ月前 replyretweetfavorite

momoyama_radio 消費に対する考え方や他者との距離の取り方など、その人の価値観がにじみ出る「買い物」の瞬間。そこで起こる悲喜こもごもの恋バナについて語らいました。マンスプかましてしまった過去の思い出も語っておりますので、よしよかったらぜひ✨🙏✨ https://t.co/yWGF22GG6A 5ヶ月前 replyretweetfavorite