ケイクス通信

ケイクス通信2013年7月2日(火)号

本日火曜日はケイクスオリジナルコンテンツの更新日です。月初ということで、「彼女写真」新シリーズ・岡山編がスタート。ロングヘアーな彼女の振り向いた姿はぜひ記事でご覧ください! そして、大槻ケンジさんの「小説 FOK46――フォークオーケン46歳」では、ファンなら知らぬものはいないだろう、「あの夜」について語られます。大人気のサイバーパンク「攻殻機動隊」から10年後の現実を読み取った「R30::リローデッド」も注目ですよ!

●連載

大槻ケンヂ「小説 FOK46—フォークオーケン46歳」
【第20回】サイレントギター

筋少のライブ前日、父親から「兄が死んだ」との一報を受けたオーケン。疎遠だったとはいえ、実の兄の凶報を聞いたオーケンが、それでもライブに出演した思いとは。大槻ケンヂ40代の私小説、ついに第20回です。

青山裕企 meets 美少女図鑑「彼女写真 in 岡山」
岡山編【第2回】ハンカチ

噴水を眺めながら、そっと汗を拭う彼女。ただそれだけの仕草なのに、そわそわしてしまいます。白い洋服が彼女の肌の白さをより一層引き立て、そのまぶしさに思わず目を細めてしまいそうです。

cakes連載編集部「クリエイターズ・デスク 」
【第5回】島田英二郎(週刊モーニング編集長)・前編「マンガはひと駅の時間で人生を変えられる」

あのクリエイターの机から、その人のお仕事のスタイルをうかがう本連載。今回は趣向を変えて裏方のお仕事である編集者。『バガボンド』『宇宙兄弟』『グラゼニ』『GIANT
KILLING』などなど、数々の大人気作を掲載する週刊モーニングの編集長・島田英二郎さん。先日、週刊マンガ誌初のデジタル配信『Dモーニング』をスタートさせるなど、革新的な試みをされている「クリエイター」です。ではそんな島田さんの机とは、そしてお仕事とはどういったものでしょうか……?

finalvent「新しい「古典」を読む」
【第32回】村上春樹の読み方『ダンス・ダンス・ダンス』前編

「村上春樹の読み方」と題して続けてきたシリーズも、いよいよ完結編の『ダンス・ダンス・ダンス』(講談社文庫)。『羊をめぐる冒険』(講談社文庫)から4年後の世界が描かれた本作。<僕>はふたたび羊男に会いに「いるかホテル」に向かいます。現在の村上春樹を知る上でも、重要な意味を持つ本作。その理由をfinalventさんが解き明かします。

May_Roma「世界のどこでも生きられる」
【特別編】シャラップ上田事件の教訓 vol.3 部下の怒り方

多国籍な場での反対意見の表明方法や怒り方、だいたい分かりましたか?
今回は応用編。会議の場だけでなく、日々の業務の中で部下と接する際にも怒りの作法のテクニックは有効です。きっと、日本の職場でもお役立ちですよ。

横山光昭「年収200万円からの<貯金>生活&<投資>生活宣言!」
【第14回】:初心者でも安全!ヨコヤマ式投資生活とは!?

投資に対するいろいろな誤解が払拭されたところで、今回はいよいよ「ヨコヤマ式投資生活」のご紹介。ヨコヤマ式投資生活のイメージは、いわば「徒歩(貯金)」より速く、クルマより安全に進める「自転車」!
投資をしたことがない人、元本割れが怖い人、貯金を目減りさせずに守りたい人、必読です!

松井博「IT時代の未来 ~それはユートピアかディストピアか?」
みんなホームセンターに集まれ! そしてみんな「ノマド」になる【第11回】

ノマドというとスタバで仕事を連想しがちですが、ノマドの仕事場は喫茶店や自宅だけではありません。農場も建設作業現場、ゴミ処理場もまた、ノマドの働き場所なのです。決して優雅ではない、「下層ノマド」の実態をご紹介です。

藤野英人「イケてる経営者が日本を救う」
熊野英介(アミタホールディングス株式会社)vol.3 これからは、カンパニー(仲間)の時代がやってくる

2012年に、グループ全体のミッションを新しく策定したアミタホールディングス。そこには、客観的な目標を掲げるのではなく、行動しなければ意味がないという強い意志がありました。客観的な判断は正確で、主観的な判断は偏っているという見方が一般的ですが、はたしてそれは本当にそうなのでしょうか。ステークホルダーが共有しているのは「利益」ではない、社員が流動するのではなく企業が変わっていくべきだなど、企業に対する常識にメスを入れていく第3回です。

清水英斗「居酒屋サッカー論」
【第16回】ウルグアイ戦で見えた、ブラジルの弱点とは!? ブラジル×スペインプレビュー①

【第17回】スペインの王者の風格と、「ちぐはぐ」な攻め ブラジル×スペインプレビュー②
昨日行なわれた、コンフェデ決勝・ブラジル×スペイン戦、ご覧になりましたか? その結果は置いておいて、cakesでは、歴史的な決勝に先駆けて、土日に2つの準決勝を振り返る記事を更新いたしました。近日更新予定の決勝振り返り記事の前に、こちらの2記事をチェックして、両国の『長所と弱点』を復習してくださいね。

川上慎市郎「R30::リローデッド」
【第20回】「働く」の意味が変わる—「攻殻機動隊」から考える10年後の未来

劇場上映中のアニメ映画「攻殻機動隊ARISE -GHOST IN THE SHELL border:1 Ghost
Pain」、みなさんはご覧になりましたか? 初日に劇場に足を運んだ川上さんは、作品の背景世界の設定が、いよいよ現実味を帯びてきたといいます。10年後には「電脳」化も夢じゃない?
それはユートピアなのでしょうか、ディストピアなのでしょうか。注目の第20回です。

●ショートショートケイクス

みなさん、おはようございます。7月に入っちゃいましたね。1年の半分が終ったとは、どういうことだろう……(脳の理解が追いつかない)。編集Rは今月で干支が二回りしてしまいます。それもどういうことだろう……(心の理解が追いつかない)。

月日の流れがあっという間すぎて慌てることもありますが、嬉しいニュースも。

12月からcakesチームにフリーランスとして参加してくれていた、ディレクターの須川さんが、
7月1日から社員としてコミットしてくれることになりました!!

週3でしか会えなかった須川さんに週5で会えるようになりました!!わーい!!!。o.+゚。(′▽`o人)≡(人o′▽`)。o.+゚

つまり、

こんな須川さんや、

こんな須川さん、

あんな須川さんに、

そんな須川さん、

に、毎日会えるってことですよ!!!!!

もはやこのショートショートケイクスを「須川写真」オンリーで回していきたいレベルッ!!
(決してネタがないわけではないんですよ、ええ)

これからますますパワーアップしていくだろう、須川さんとcakesの今後、どうぞご期待ください!

くわっ!!!!

完全に一致……?

(編集R)

 

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクス通信

cakes編集部

ペットボトル1本分の値段で、1週間コンテンツを楽しめるプラットフォーム・cakes(ケイクス)。購読をしようか迷っている方や、購読を始めたけど何を読んでいいか迷っている方のために、cakesの最新コンテンツをご紹介していく無料連載です...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません