写真で話そう

写真ばかり撮ってないで自分の目でじっと見ればいいのに、と言われたら

携帯電話で写真が撮れるようになってから、自分の目で見ないで写真ばっかり撮っている人を批判する声が増えました。たしかにそれは考えものですが、写真を残すことの良さもまた、あります。今回の「写真で話そう」は、そういったお話。

ワタナベアニです。よく、写真ばかり撮ってないで自分の目でじっと見ればいいのに、というような言葉を聞きます。俺は徹底的に記憶力がないので写真がないと何も思い出せません。デジタルの良さは日付・撮影データなどの情報が残ることで、とても便利です。

その場でじっと見て記憶するのも大事ですが、じっと見たあとに記録として写真を残すのもいいものですよ。人間の記憶は不確かですからね。

特に、人と会った記憶は大切です。ここにある写真は、日本、中国、フランスで撮ったものですが、写真のデータに日付があると、何をしに行った時か思い出しやすいです。いらない写真はあとで捨てることもできますが、残したかった写真は決して撮り直すことはできません。傑作なんて撮ろうとしなくていいんです。とにかく日記をつけるように毎日撮ってみましょう。

美術館にいた人。彫刻ですが。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
写真で話そう

ワタナベアニ

写真家・ワタナベアニさん。年中無休、四六時中、カメラのシャッターを切り続けています。この連載ではそんなワタナベアニさんのライフワークともいえる、ポートレート写真を掲載していきます。レンズのむこう側で写真家は何を思っているのか、その様子...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

watanabeani cakes 「写真で話そう」 https://t.co/3EJ4NToy1s https://t.co/0Xnods31D1 2年弱前 replyretweetfavorite