新聞連載「松本明子と便秘」を読んで

タレントの松本明子が、40年にも渡って便秘に悩まされていたことはご存知でしょうか? 多分、知らないと思いますし、知らないことに問題はないのですが、他人の便秘を、更年期障害を、その他身体の不具合を茶化したことはないでしょうか? 松本明子が苦しんだ便秘から、身体的な事柄をイジることの問題について考えます。

一枚の写真が全てを物語る

生まれてからずっと快便状態が続いていることもあり、便秘に悩んでいる人の話を聞くと、「申し訳ない」と思いながらも寄り添うことはできず、近しい間柄であれば、つい、「頻繁に便意がやってくるのも大変だよ」などと茶化してきてしまったのだが、先日、朝日新聞に全5回にわたって掲載されていた「松本明子と便秘」というストレートすぎるタイトルの連載を読みふけり、すっかり猛省している現在なのである。紙面には、便秘に悩んでいた頃の松本明子のX線写真が掲載されており、体の中に溜まった4キロもの宿便が、下腹部のみならず中腹部にかけて、大蛇のように住み着いていたのである。一枚の写真が全てを物語る、とはよく聞くフレーズだが、久方ぶりにこのフレーズを一枚の写真に向けて投げたくなった。

3歳から40年間も便秘に悩まされていた松本明子は、16歳でアイドル歌手としてデビューするも、翌年、生放送中に放送禁止用語を叫んでしまったことで、しばらくの間、芸能界を干されてしまう。その間、自立神経が乱れまくりの日々を過ごし、深刻な便秘状態が続いた。『進め!電波少年』で過酷なロケを繰り返す日々が始まっても、生真面目な性格も手伝い、便秘は一向に改善せず、それだけではなく、ホットフラッシュなどの若年性更年期障害にも悩まされていたという。

便秘とサヨナラ
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ナンシー関に"賞味期限"はない

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gogo_smaaaash https://t.co/P5gv1MlIIk 7ヶ月前 replyretweetfavorite

takedasatetsu 「松本明子と便秘」という連載を熟読し、日々、快便のこちら、便秘に対する無理解を反省しました。 https://t.co/tZuopCC6wT 7ヶ月前 replyretweetfavorite

bumi_y 朝日のこの連載読んで、僕も「便秘って大変なのかも」と人ごととして軽く見てたのを反省した。→ 7ヶ月前 replyretweetfavorite