鬼の子

ぼくは、ぼくです!

小学校初日、帽子が取れてツノを見られてしまったオニくん。その日の夜、お母さんが部屋を見にいくと……。みのるくんと、ツノの生えた男の子・オニくん、そして周りの人たちとのあたたかな交流を描く、「cakesクリエイターコンテスト」の入賞者・ながしまひろみさんの連載です。

※前回のお話はこちら

※前回のお話はこちら

<次回は、来年1月更新予定です>


ながしまひろみさんの作品を
もっと読みたい方はこちら


ながしまさん初の書籍が、ほぼ日から出版されました。


ゆきちゃんとおかあさんの、ちいさな毎日の物語。
「こども」の自分と「大人」の自分、
ふたりで読んでみてください。

この連載について

初回を読む
鬼の子

ながしまひろみ

夏休み前日。野球部を退部した中学生のみのるくんは、グラウンドで練習を眺める、ひとりの男の子に出会う。思わず「野球の見学?」と声をかけたみのるくんに、男の子は……。みのるくんと男の子、そして周りの人たちとのあたたかな交流を描く、「cak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3119Gm なんで、泣いちゃうのだろ? 4ヶ月前 replyretweetfavorite

yukalundi 泣くのを我慢して、泣き顔を見せたくなくて俯いて、でもやっぱり堪え切れなくて、手に涙がポタポタ垂れるの胸が締め付けられるなぁ。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

KAIjls_yousei 「異なり」をそのままに受け入れられる社会のために働く日本語教師でありたい。「 4ヶ月前 replyretweetfavorite

yriica あぁ、「」っていうところ、めちゃくちゃいいなぁ。 4ヶ月前 replyretweetfavorite