俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

西麻布にひっそり佇む老舗SMバーで“変態紳士”に近づく夜

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 齢四十を過ぎると、「隠れ家」というものを持ちたくなる。先輩にも、同僚にも、恋人にも、家族にも、誰にも邪魔されず、誰にも遠慮せず、心静かに過ごす。そんな場所が欲しいものだ。

 カチカチに凍ったレモンに甲類焼酎を注ぎながらそんなクダを巻くと、隣で静かに聞いていた、夜遊びガイドのO氏がひとりごちた。

「実はとっておきの店があるんですが、教えたくないなぁ……」

 渋る氏に懇願すること数十分、タクシーを呼んだ氏は、小さく「西麻布」と運転手に告げた。

心のタガを外しにきなさいよ。たっぷり可愛がってあげる

 止まったのは西麻布交差点にほど近いビルの前。有名高級焼き肉店のネオンが眩しい。

 エレベーターの扉が開くと、真紅のビロードの幕。「いらっしゃい」と女性の低い声が聞こえたその先の幕を開けると、鈍く光る黒く大きなカウンターが。そこにはボンデージに身を包んだ5人の女王様が“珍客”を品定めしていた。

(左上から時計回りに)美加さん、ちづるさん、愛さん、朱音さん、みずほさん。全員現役のダンサーかつ、男どもを手懐ける”女王様”だ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード