#11 公明党の役割を再評価する/中村憲一郎(立正佼成会常務理事)

中村憲一郎(立正佼成会常務理事)インタビュー

──2018年は創立80周年の節目ですが、近年の立正佼成会を取り巻く厳しい状況についてどうお考えですか。

 当然、危機感はあります。ただ、大切なのは組織存続のための方策ではなく、どうすれば立正佼成会の教えが100年、200年先の世代まで残っていけるのかの方策です。その目的のためには、今まで既得権として持っていたものをどれだけ軽やかに手放し、次の形に「再編集」していくかが問われると考えています。

 立正佼成会は、開祖(庭野日敬<にわの・にっきょう>初代会長)と脇祖(長沼妙佼<ながぬま・みょうこう>氏)を中心に30人に満たない会員から始まった教団です。それを思えば、もう一度原点に戻ることはさほど難しいことではないでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新宗教の寿命 伸びる教団 縮む教団

週刊ダイヤモンド

「平成」からの御代替わりが間近に迫る今、新宗教界も節目を迎えている。7月には平成時代の象徴ともいえるオウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)らに死刑が執行。最強教団・創価学会では重病説が流れるカリスマ、池田大作名誉会長の“Xデー”が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません