忘年会の締めはこれ!赤ワインが恋しくなる「鴨ご飯」

早いことに、2018年も残りひと月たらず。皆さんはどうお過ごしでしょうか? 大人気のご飯シリーズ、今回は、赤ワインにピッタリな米料理をご紹介! 忘年会の締め料理としても、ぜひご参考にしてください。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

月に1度、都内で「ポルトガル食堂」という名の食事会を開催しているのですが、ときどき参加された方からcakesの連載が楽しみです、と言われることがあり、とても嬉しいです。先日も読者の方がいらして、「ポルトガル食堂の連載、楽しみなんだけど忘れた頃にアップされる気がします」と言われ、苦笑のうえの平謝りでした。すみません。おっしゃる通り。連載にも関わらず、最近は忘れた頃にアップしがち。楽しみにされているという素敵なあなた、大人の事情ということで、どうぞ気長にお付き合いください。かたじけない。

さて、秋から呑める米料理を提案してきましたが、思いのほか良い反響いただいているので、今年はこのまま呑める米でいこうと思います。ポルトガルの米料理で私が好きなベスト3の1つが、鴨ご飯、アローシュ・デ・パトです。ポルトガルでは鴨は鶏並みに身近な食材ですが、日本では残念ながら鴨南蛮や鴨鍋ぐらいでしか見ることがありません。ので、今回はあえて鶏肉を使います。でも、もしも鴨肉、それも骨付きの鴨もも肉が手に入ったら、ぜひ鴨肉でこの料理を作ってみてください。やっぱり肉の味の濃さが違います。鴨の胸肉でも良いのですが、その場合は骨付きの鶏肉のぶつ切りを少し足して、スープにコクが出るようにしてください。なぜなら鴨ご飯のご飯はこの肉を煮込んだスープで炊くので、いいだしが取れる骨付き肉が欲しいのです。

たくさん作ってボリュームを出すとパーティー料理などにぴったりですし、肉と米を一緒に出せるので、いろんなつまみを楽しんだあとの締めごはんにももってこいです。

ちなみに、丸い器に入れる場合は、こんな感じで盛り付けてみてください。上にのっているのは、腸詰のスライス。サラミなどで構いません。この腸詰スライスを乗せるのが、鴨ご飯の盛り付けのお約束です。

いつものように短時間でさっとできるものではありませんが、逆に時間がある時に下準備をしておけば、当日はあっという間です。年末年始の人が集まるときなどに、ぜひ試してみてください。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「鴨ご飯(鶏肉バージョン)」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

feilong “23565” https://t.co/4JBY2pzYgQ 11ヶ月前 replyretweetfavorite

tomshirai 美味しそう。骨付き鴨、手に入らないかなぁ…。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

abgk これまた旨そう。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

shihok これ食べたい 11ヶ月前 replyretweetfavorite