みんなホームセンターに集まれ! そしてみんな「ノマド」になる【第11回】

ノマドというとスタバで仕事を連想しがちですが、ノマドの仕事場は喫茶店や自宅だけではありません。農場も建設作業現場、ゴミ処理場もまた、ノマドの働き場所なのです。

 ディエゴはメキシコから3年ほど前にカリフォルニアにやってきた28歳の若者です。実家は農家でしたが、NAFTA締結以降トウモロコシの価格が暴落し、生活も立ち居かない状態です。そこで数年間アメリカで働いて一家を支えようとやってきたのです。違法入国をサポートする業者にお金を払い、他の違法移民たちと一緒にメキシコとアメリカの国境を歩いて渡り、親戚の家までやってきてそのまま居着いてしまったのです。

人足はホームセンターで
 彼の日課は大型ホームセンター「ホームデポ」に朝6時にやってきて、駐車場に立ち並ぶことです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ko_kishi "大連のコールセンターでは、月々わずか数万円といった低賃金で日本向けコールセンター業務に従事している日本人が増えつつあります。日本人も海外で「下層ノマド」として働くことが現実のものとなりつつあります。" 松井博|cakes http://t.co/TC5HXekGNl 約5年前 replyretweetfavorite

ko_kishi "日本は「35歳未満の男性募集」などといった年齢や性別による就労差別がごく普通に許される国ですから、ある年齢を過ぎて手に職がないと3K労働以外の選択肢が無くなってしまいます。" 松井博|cakes http://t.co/TC5HXekGNl 約5年前 replyretweetfavorite

ko_kishi キタ━(゚∀゚)━!この話が聞きたかった…>> "彼の日課は大型ホームセンター「ホームデポ」に朝6時にやってきて、駐車場に立ち並ぶことです。" 約5年前 replyretweetfavorite

tommynovember7 むしろ次回が読みたい。他にどんな選択肢があるんだろう? 約5年前 replyretweetfavorite