先の長くない友人のためにも、子供を産みたい

幡野広志さんの人生相談連載、最初の相談は「子供を産みたい」という女性の話。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

子供を産みたい。
44歳独身です。 同じ年の、家庭のある恋人がいます。彼の家に子供はいません。 39歳の時に、片思いしていた男性の子供を妊娠しました。 いろいろ悩みましたが、産むことに決め、産むと伝えたら彼は去って行きました。 1人でもなんとか生きていける覚悟ができ、子供を迎えることを何よりも楽しみにしていた矢先、臨月で臍帯が絡み死産しました。
そこから1、2年は諦めきれず、今更ながら婚活もしたもののなかなか難しく、42歳を過ぎたあたりから、やはり現実的でないと諦めることにしました。
1人でも生きていけるように、定職につき、やりたかった勉強をし、とこれからの人生を一人で歩んでいけばいいかとのんびり構え始めたところで、わたしの子供の誕生を何よりも楽しみにして、死産した時には共に泣いてくれた友人が、病のため先が長くないということを知りました。
手に入れば失うものもあります。 贅沢なもので、失う命と引き換えに、新しい命を生み出したいと思い始めました。 少しでも、彼女の生きる希望になりたい。 何よりもまだ、やっぱりあの小さな手に、指に触れたい。
暖かい我が子をこの両腕に抱きたい。
今の彼の子を望むつもりはありません。彼の大切な家庭を壊す気持ちはありません。
年齢的にはぎりぎり、望めない訳ではない年齢というのが、諦めない言い訳になっています。
ご意見を、いただけませんか?

(みみ 44歳 女性)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

幡野広志さんの最新刊です。

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aissgt この回答すごいな…。相談って、本人が話したこと以外の部分にだいたい真の悩みがあるよね。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

hiari_writer 【「大切」という言葉に、邪魔という意味が込められているんだなぁっていつも感じます。】 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

tony1021_ "「大切」という言葉に、邪魔という意味が込められているんだなぁっていつも感じます。" 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

kurezamurai1 https://t.co/RELmbUrFdN 約1ヶ月前 replyretweetfavorite