足を踏んだ時に「あっ」と言ってくれる人が、感じがいい。#9

数多くのベストセラーを送り出す中谷彰宏さんの新刊『なぜあの人は感じがいいのか。』に掲載した、感じのいい人になるコツ59個の中から、2つ紹介します。
◎才能よりも、感じのよさで人生を逆転しよう!(毎週火・木・土公開)

①足を踏んだ時にわかるのが、
 気づきだ。

失敗したことに気づいて、「ごめんなさい」「すみません」とお詫びを言うのは、 感じのいい人ではありません。
足を踏んだ時に「あっ」と言ってくれる人が、感じがいいのです。

ある時、電車が揺れた拍子にヒールで僕の靴が踏まれました。
それは踏んだ側も気づいています。
その時に踏んだ人が「あっ」と言えばOKです。
「あっ」の中に「すみません」も入っています。
「あっ」なしで、スマホを操作しながら「すみません」と言うのはアウトです。
「すみません」より、「あっ」が欲しいのです。

これは仕事でもよくあります。
上司から「あれ、しておいてくれた?」と言われた時に、「あっ」なしで、「すぐやります」と言う人は、明らかに忘れていたのです。
「あっ」がないまま、淡々と言われると、「この人に頼む気持ちが薄れてきた」ということが起こります。
感じがいいかどうかは、人間の気持ち次第だからです。
「すみません」とお詫びをしたり、どう対処するかという以前に、「あっ」と言える人は感じがいいのです。

感じのいい人になるコツ
失敗した時、「あっ」と言おう。


②たくさん買った人には、
  「足りましたか?」と聞く。

インスタントのアイスコーヒーを買おうと思ってお店に行くと、いつもの売場に置いてありませんでした。
レジで聞くと、「いつものところにあります」と言われました。
いつものところにないから、レジで聞いているのです。
「いつものところを見たらなかったんです」と言うと、「なかったらないです」 と言われました。

店員さんが言っていることは、たしかに間違ってはいません。
ただし、最低限のことしか言っていません。
聞かれた商品について、売場を1回見に行ったり、引出しを開けて見たり、裏へ戻って見て「やっぱりないですね。明日の○時までに入りますから」と言ってもらえたら、そのお店で買います。

大切なことは、「明日の○時に入ります」と言うことです。
「明日入ります」だけでは、翌日に行って「まだ来ていません」と言われたら、1回ムダな作業が入ります。
そのムダをなくすために、「明日の○時までに入ります」と言ってもらいたいのです。

別のお店に行ってみると6箱置いてありました。
いつ手に入るかわからないからと思い、6箱全部持って、レジに行きました。
レジの人から「たくさんありがとうございます」と言われました。
その言葉では、感じがいいとは思えません。
感じのいい人は「足りましたか?」と言います。
売場にあるその商品を全部持ってきたのは、ちょうど6個を探しに来たわけで はありません。
ここで「ありがとうございます」ではなく、「足りましたか。裏も見てきましょうか」と言ってもらうと、「あ、いい人」とうれしくなります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

たった1分で信頼される59のコツ

この連載について

初回を読む
なぜあの人は感じがいいのか。【中谷彰宏】

中谷彰宏

仕事ができるのに周りから嫌われている人もいれば、仕事がそこそこでも好かれる人もいる。両者を分けるのは「感じのよさ」。感じのいい人に共通する「考え方」「言葉」「習慣」を紹介。 『なぜあの人は感じがいいのか。』中谷彰宏・著(学研...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

les_trooper |中谷彰宏 @anjmyh |なぜあの人は感じがいいのか。【中谷彰宏】 今まで、期間限定で全部読めたのに、読めなくなった😢 https://t.co/ro8weerc2m 5ヶ月前 replyretweetfavorite