自然現象に文句を言わない。#6

数多くのベストセラーを送り出す中谷彰宏さんの新刊『なぜあの人は感じがいいのか。』に掲載した、感じのいい人になるコツ59個の中から、2つ紹介します。
◎才能よりも、感じのよさで人生を逆転しよう!(毎週火・木・土公開)

①自然現象に文句を言わない。

自然現象に文句を言う人が多いのです。
大雨・大風・大水などの自然現象が増えています。
たとえば、「台風がなんでここばかり狙ってくるんだ」と言うのは間違いです。
台風は自分で動けないからです。

台風は、あちこちの気圧の押し合いへし合いで移動して、台風自体が「あそこを狙ってやろう」と動いているわけではありません。
地震も、「ここを狙ってやろう」と起きているのではなく、今までガマンしてためていたところで、「ウーン、ゴメン、もうムリ」となって起きているだけです。
自然現象に悪気はないのです。
感じの悪い人は、自然現象に限らず、すべてのことに悪意を感じてしまうの です。


たとえば、レストランで自分のオーダーが飛ばされました。
これに対してブチ切れるのは、「自分に対してイヤがらせをしたな」と悪意を感じてしまうからです。
それはイヤがらせではありません。
新人のアルバイトが、いっぱいいっぱいの状況になって抜けただけです。
たまたまその被害が自分へ来ただけであって、悪意はありません。
そこにない悪意を感じることによってムッとする人は、結果として感じの悪い人になります。
そこで「しようがない」と言う人は、感じのいい人です。
「台風だって大変だ」「地震だって大変だ」と、みんな自分の意思ではなく、仕方なく起きていると考えればいいのです。

仕事で何かトラブルがあった時、謝りに来た人に文句を言う人がいます。
謝りに来た人は、本当は責任のない人です。
別のことが原因で、その人はたまたま謝らなければいけない立場になっただけです。
謝りに来た人には非がないことが多いのが世の中の仕組みです。

感じのいい人は、一緒に旅行をしても楽しいです。
「せっかく来たのに雨だ」と文句を言うのは、一緒に旅行する時に楽しくない人になってしまいます。
「雨もまたいいですね」と、なんでも楽しむことです。

僕はサラリーマン時代、撮影の演出の仕事をしていました。
撮影の日に雨でみんなが心配した時は、「雨は、むしろいいんじゃない?」と、雨を生かす演出を考えました。
たとえば、一緒に旅行に行った人が、「こんなところで雨になるのは珍しい。 いい体験できたな」と言ってくれたら、「この人と一緒に来てよかった」とうれしくなります。
それは、天候がいいだけなら気づかなかったその人のよさまで感じられたということなのです。

感じのいい人になるコツ
「自然に悪気はない」と考えよう。


②行列に、ニコニコ並べる人が、
 おいしいお店に連れて行ってもらえる。

人気の食べ物屋さんには行列ができています。
テーマパークでも、ラーメン屋さんでも、人気のあるところは混んでいます。
予約ができないので、並ぶしかありません。
そういうところに、誰かと一緒に行きたいのです。

一番つらいのは、並んでいることにブチブチ言われることです。
「間違った人を連れて来ちゃったな」と思います。
並んでいる時に面白いことを語り合いたいのです。
それが面白いから、「並ぶ」というデメリットは当たり前に受け入れます。
むしろ、並ばずに入れたら不安です。
混んでいることも重要なのです。
面白い本を探して本屋さんを何軒もまわっても、なかなか見つからないことがあります。
面白がりの旅は、ここからすでに始まっているのです。

由緒正しい神社やお寺は、参道が長いのです。
「ここを曲がったらあるはず」と思っていたら、曲がってからが長いのです。
「曲がったところに、すぐあるだろう」と予測させて、そこで心理的にもうひとひねりされるのです。
あのフェイントは心理的に計算されています。
参道の長さで、「ありがたいところにたどり着く」感が出るのです。
そんな時、一緒にお参りに行った人に「遠い」と言われると、ガッカリします。遠いからいいのです。
山の上にある神社やお寺は、あの石段の長さがいいのです
石段も途中でトリックがあります。
「そこまで上がったら終わり」と思っていたら、先がまた長いのです。
「はめられた」と思うことまで、味わいなのです。
「バージンロードが長すぎる」と言うのは、おかしいのです。
バージンロードは、どれだけ長いかが勝負です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

たった1分で信頼される59のコツ

この連載について

初回を読む
なぜあの人は感じがいいのか。【中谷彰宏】

中谷彰宏

仕事ができるのに周りから嫌われている人もいれば、仕事がそこそこでも好かれる人もいる。両者を分けるのは「感じのよさ」。感じのいい人に共通する「考え方」「言葉」「習慣」を紹介。 『なぜあの人は感じがいいのか。』中谷彰宏・著(学研...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません