あなたの上司が忘年会でQUEENをやる可能性

現在、映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒット中、あのフレディ・マーキュリーの圧倒的な歌とパフォーマンスも再現されていることも話題になっています。といった話ではなく、今回武田砂鉄さんが議題にするのは、今年の忘年会でフレディやられる問題。ああ、とお嘆きのみなさん、この記事を読んで、同じ気持ちの人がいることだけでも感じていただければ。

つけ髭を購入しているのではないか

昨年は、女性社員が忘年会でブルゾンちえみをやらされる危険性について言及したが、今年は、男性社員が扮するフレディ・マーキュリーにテンションを無理やり合わせなければならない危険性が生じているのではないか。どちらが地獄かと問われれば、それぞれに地獄である。なお、「ブルゾンちえみ 忘年会」で検索するといくつもの動画が出てくるのだが、もはや本人ですら積極的にやらなくなった「35億!」が、たちまち閲覧可能な状態にあることに危機意識はないのだろうか。それとも「そうそう、あれ、ウケるっしょ!」的な感じで、閲覧をむしろ推奨しているのか。忘年会のブルゾン動画を8本ほど見て、ノリノリのwithBを何組か見かける。この人たちはもう、今年の準備に差し掛かっているのだろう。おそらくDA PUMPなのだろうが、つけ髭を購入している可能性もゼロではない。

足踏みと手拍子の「ドン・ドン・チャ! ドン・ドン・チャ!」から始まる「We Will Rock You」が、今年、津々浦々の忘年会で行われる。みんなでたちまち団結できてしまうハードルの低さを前に、QUEENそのものを恨む若手社員が生じるかもしれないが、それはQUEENのせいではない。恨むのならば、マイクを握るその人である。この基本に何度でも立ち返りたい。

映画『ボへミアン・ラプソディ』の中で、フレディが、自分は家族を築けない、でも、バンドが自分にとっての家族なのだ、と改めて気づく場面がある。会社の部署やプロジェクトチームをすぐに「家族」に変換しがちな上司は、「We Are The Champions」の歌詞にある「負け犬に出番はない 俺たちこそが世界のチャンピオンだから」(大野れい訳)あたりを都合よく自分たちの境遇に落とし込んでくる可能性がある。観衆を巻き込む曲を意識的に作ったQUEENだが、それが2018年になって若手社員を苦しめる年末を生み出すかもしれない。

「マツケンサンバ」の弱点
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ナンシー関に"賞味期限"はない

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

clnmn やばい。 10日前 replyretweetfavorite

mskasuga 悪夢以外の何物でもない。 12日前 replyretweetfavorite

_lily_music 『ブルゾンちえみ 忘年会』で画像検索かけたら事故物件がけっこう出てきた 14日前 replyretweetfavorite

nlt_t 忘年会的視点からのQueen考面白かったw 14日前 replyretweetfavorite