#17 下克上を狙え!難攻不落の米市場でガチンコ メルカリ最大の試練、激戦の構図

日本ではフリマアプリのトップに君臨するも、進出5年目の米国では、いまだひよっこ。並み居る競合のはざまで、知名度はないに等しい。アメリカンドリームへの入り口でうろついている。

 「メルカーリ! メルカーリ! M・E・R・C・A・R・I!」。米国のラジオ局のDJが連呼するのは、メルカリ米国法人の広告である。米国人には発音しにくく、スペルを読み上げなければ、スマートフォンで検索してもらえない。だから社名を連呼するとともにスペルも伝えている。

 米国での知名度はまるでない。シリコンバレーの幹線道路101号線沿いに掲げられた巨大看板に書かれたコピーは「The Selling App.(売るアプリ)」というシンプル極まりないもの。メルカリが何なのか、基本のキを浸透させることが第一なのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新・価格の支配者 メルカリ

週刊ダイヤモンド

1000万人以上が使うようになったフリマアプリ「メルカリ」。日々100万点以上が出品され、あらゆるモノに値段が付く。そこで形成される相場は、消費者の声を具現化した現代の価値のバロメーターだ。そのデータをメルカリは握っている。本誌が独占...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません