人生にも最善の一手が必ずある

伝説の棋士から一転、愛くるしい癒しキャラの「ひふみん」として芸能界でバツグンの存在感を放つ加藤一二三氏。どんな場面でも前向きに生きる姿勢の根本には、いったい何があるのでしょうか。 著書『幸福の一手 いつもよろこびはすぐそばに』から、よりすぐりのエピソードを特別公開します。 第2回は、「人生の最善手」について。

 将棋で必ず勝てるシンプルな法則を、お教えしましょう。

 それは「最善手」を常に指すことです。

 当然のことながら、相手だって、考えられる範囲で「最善手」を指してくることでしょう。それに応えて、また「最善手」を指し返せばよいのです。とても簡単なことです。

「将棋とは、最善手を指し続ければ勝てる世界」という真理に、私は小学4年生のときに気づきました。新聞に載っていた名人戦の予選である順位戦の観戦記を読み、悟ることができたのです。そして次の瞬間、「私だってプロの棋士になれる」と強く感じました。

 今思い返すと、私の置かれた環境は、「棋士」になるようにお膳立てされたようなものでは決してありませんでした。身の回りに、将棋の強い人がいた記憶もない。さらにいうと、私の父は将棋に興味がなく、ルールすら知りません。そんな環境で、「プロの棋士になれる」と突然確信するなんて、私は相当“変わり者”だったと思います。


一番よい手はビジョンとなって浮かんでくる

「最善手」の存在に気づいた私は、それから不思議な力を得ることになります。盤面を見た瞬間に、その局面で最も望ましい手が自然と浮かんでくるようになったのです。それは、まるで景色のように鮮明な「ビジョン」です。動画を再生するように、一瞬で「最善手を指したとき」の流れが現れるのです。

 こんなお話をすると「棋士とはみな、そういうものなのか」と思われるかもしれません。

 けれども、誤解をしないでください。プロとして活躍している棋士の全員が、「次の手がビジョンとなって見える」わけではありません。とくに印象に残っているところでいうと、升田幸三名人と大山康晴名人のお二人は、「最善手ばかりを指して勝つ力」に秀でていらっしゃる気がしましたが、そんな方はそうたくさんはいません。

 つまり、どんな棋士でも「最善手ばかり」を指し続けられるというわけではないのです。これが「最善手」の不思議なところです。


人生の最善手は人智を超えたところにある

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

いつも笑顔のひふみんが贈る、今日から全力で幸せに生きるヒント。

この連載について

初回を読む
幸福の一手 いつもよろこびはすぐそばに

加藤一二三

「大丈夫、あなたの幸せは、用意されているから」 伝説の棋士から一転、愛くるしい癒しキャラの「ひふみん」としてバツグンの存在感を放つ加藤一二三氏。どんな場面でも、笑みを絶やさず、前向きに生きる姿勢の根本には、ゆるぎない信仰がありました...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hifumikato 連載第2回目は 『』について語っております! |加藤一二三 @hifumikato | 10ヶ月前 replyretweetfavorite

hifumikato 5歳で将棋に出会うも、勝ちすぎて周りに指す相手がいなくなり一度は将棋から離… https://t.co/SQ5C4Xk8h8 10ヶ月前 replyretweetfavorite

feilong “23488” https://t.co/xWa4rBNjTe 約1年前 replyretweetfavorite