iPad持ってスタバでコーヒー飲むのが好きなジジイになりたくない

デザイナーの専門学校に入学した山口明(グッチー)。その年、ニューウェーヴの波にどっぷりハマったグッチーのスクールライフとは?
とびきりかっこいいデザインだけでなく、還暦目前のプロ童貞としての独自の視点に基づく発言とライフスタイルも多くの業界人から支持されている山口明(58歳)の自伝『ワイルドチェリーライフ 山口明 童貞力で一億総クリエイター時代を生きる』学生編。

時代の方がそのうち合わせてくれる

山口 専門学校にあがった時はもう嬉しくってしょうがなかったな。でも、課題が異常に厳しくて毎日のように徹夜してたよ。最初はひたすらまっすぐ線を引く練習させられるんだけど、ずっと油絵しか描いてなかったからまったくできないの。おまけにデッサン力もないから、デッサンの授業もいっつも怒られるし……。才能がないんじゃないか? なんて思ったりしたけど、キツイのはオレだけじゃなくて、夏休みが終わったら半分ぐらいは辞めてたな。

──それでも充実はしてたんですか?

山口 そうだね。今でもあるけど、お茶の水駅前にお城みたいなサンロイヤルビルってあるじゃん。あそこって昔は喫茶店だったんだよ。そこに毎日学校帰りに行って、友だちたちと延々おしゃべりするのが楽しかったな~。

──音楽の趣味とかは変わらずでした?

山口 いや、激変したよ。79年に入学したんだけど、ちょうど時代の変わり目っていうか、それまではレッド・ツェッペリンとかピンク・フロイドばっかり聴いてヒプノシスとか憧れてたのに、急にダサく感じちゃったからね。時代はニューウェーヴで、オレも髪の毛短くしたもんね。ベルボトムのジーパンも捨てちゃって。60年近く生きてきて、「あ、時代が変わったな」って肌で感じたのはその時ぐらいだな。

──異常な人生ですね……。

山口 みんなすぐに「時代は変わった」とか言うけど、オレに言わせりゃそのぐらいの頃から何も変わってないのよ。17、18歳ぐらいからオレ自身の生き方はまったく変わってないでやってこれたから。

──『ブリキの太鼓』みたいな話になってきましたね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2019年1月17日(木)19:30 大阪Loft PlusOne West『ワイルドチェリーライフ 山口明 童貞力で一億総クリエイター時代を生きる』発売記念イベント開催!!

この連載について

初回を読む
ワイルドチェリーライフ 山口明 童貞力で一億総クリエイター時代を生きる

山口明 /市川力夫

とびきりかっこいいデザインだけでなく、還暦目前のプロ童貞としての独自の視点に基づく発言とライフスタイルも多くの業界人から支持されている山口明(58歳)の人生を追い、劇的に変化を続ける男女問題、やがて人口の約4割が独身世帯「ソロ世帯」に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません