#7 生前整理からプチ起業まで "オヤジ"もハマる錬金術

捨てるに捨てられない。そんなものが自宅に眠っていないだろうか。捨てられないのはそれなりの理由がある。メルカリには、そこに金を出す価値を見いだすユーザーがいるかもしれない。

 「ねえ。このつぼ、メルカリで売れないかしら?」。坂本誠治さん(50代・仮名)の母親は認知症を患い、この夏に介護施設へ入った。母は遠方で一人暮らしをしていた。

 その実家を整理していると、亡き父が集めていた骨董品が山のようにあった。それを見た妻から、冒頭のように告げられた。妻は娘に勧められたのだという。

 「メルカリって若い女の子が流行の服やかばんを売ったりするんだろ? こんなカビ臭いもの売れないよ」。坂本さんは、妻の提案に苦笑いで返した。

 メルカリのユーザーは、若年層の女性が中心。リアルのフリーマーケットにすら足を運んだことがないような“オヤジ世代”には縁遠く感じられるのも無理はない。

 しかし、メルカリでは、トイレットペーパーの芯や公園で拾った木の枝、無料でもらった割り箸などにも値が付いている。自分にとってはゴミ同然でも、他人にとっては価値あるものに変わるかもしれない。まさに“捨てる神あれば拾う神あり”なのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新・価格の支配者 メルカリ

週刊ダイヤモンド

1000万人以上が使うようになったフリマアプリ「メルカリ」。日々100万点以上が出品され、あらゆるモノに値段が付く。そこで形成される相場は、消費者の声を具現化した現代の価値のバロメーターだ。そのデータをメルカリは握っている。本誌が独占...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません