育児を家でやるか、東京ドームでやるかだけの違い

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2018年3月後半の日記をお届けします。前回の日記はこちらからどうぞ。

3月20日

むかしの同僚、関根くんが東京ドームのオープン戦に誘ってくれた。

すごい人の数。自由席はとうに満杯。通路は十重二重。とても観戦なんてできない。

かずが走り回るので付きっ切り。

育児を家でやるか、東京ドームでやるかだけの違い。

メジャーから帰ってきた上原浩治(43)が投げると大歓声。

んが、こっちはそれどころではない。

かずと遊ぶのに疲れて、通路にへたり込む。

すると関根くんがパックに入れた美味そうな食べ物を出してくれるではないか。

関根くんは永福町で、ボタアルタというお店をやっている。感謝感激。

この日、大きな発見と成長があった。

かずふみを連れていたので、行きはタクシーだったのだが(3000円以上かかった……)、帰りは電車を2回乗り換えて、家から最寄り駅まで行けた。

かずふみは電車の中でも、ほどほどにおとなしかった。

これなら今後、色々なところに行けるじゃないか。

明るい希望が見えてきた。

一方、ふさこは大阪でレギュラーの「キャスト」出演後、バナナホールのサニーデイ・サービスのライブを観戦。

途中で切り上げなくてはいけないのに、ライブに引き込まれて、帰りの新幹線を逃してやんの。

深夜バスで朝帰り。

3月22日

ふさこ、きょうから関西へ二泊三日。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "独身のときと今と、いちばんの違いは、仕事が思うようにできないこと。 これまで、他人を羨ましいと思わない人生を送ってこれた。 ..." https://t.co/4fTxpIoES9 https://t.co/Z4C5IETLSZ #drip_app 6ヶ月前 replyretweetfavorite