#6 高く売りたいならオレたちを使え! 追いすがる楽天、ヤフー

ユーザー数が多いほど利便性が高まるフリマアプリは、メルカリの独走状態だ。楽天とヤフーは、売り手の金銭メリットを前面に打ち出し、必死に巻き返しを図っている。

 「メルカリとの認知度の差を埋めるためには、テレビCMなどの投資が必要になる。効率を高めるために、サービスを統合した」

 こう語るのは、フリマアプリ「ラクマ」を運営する楽天の長谷川健一朗ヴァイスジェネラルマネージャーだ。2014年11月からラクマを展開する楽天は、16年9月に競合の「フリル」の運営会社を買収。今年2月には両サービスを統合し、ブランドをラクマに一本化してメルカリを追撃する。

 ラクマのウリは、販売手数料が3.5%とメルカリの10%よりも安いこと。単価が高いほどユーザーの手数料負担で差をつけられるため、「高額品の市場を狙っていく」と長谷川氏は力を込める。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新・価格の支配者 メルカリ

週刊ダイヤモンド

1000万人以上が使うようになったフリマアプリ「メルカリ」。日々100万点以上が出品され、あらゆるモノに値段が付く。そこで形成される相場は、消費者の声を具現化した現代の価値のバロメーターだ。そのデータをメルカリは握っている。本誌が独占...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません