#3 SEは6sよりも価値がある!? iPhone相場最新動向

消費者のリアルなニーズを反映するメルカリ相場。iPhoneなどのスマホ端末もこの相場を見れば、お得に売買できる時期から、企業の栄枯盛衰までが浮き彫りになる。

 9月は携帯電話業界が1年で最も盛り上がる時期である。もちろん、米アップルのスマートフォン「iPhone」の最新機種が発売されるからだ。

 アップルの国内のスマホシェアは約5割。日本人は圧倒的に“iPhone好き”だ。中古品でもいいから手に入れたい場合、いったいいつ買うのがお得なのか。過去のメルカリ相場の推移は、その格好の手引きとなる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新・価格の支配者 メルカリ

週刊ダイヤモンド

1000万人以上が使うようになったフリマアプリ「メルカリ」。日々100万点以上が出品され、あらゆるモノに値段が付く。そこで形成される相場は、消費者の声を具現化した現代の価値のバロメーターだ。そのデータをメルカリは握っている。本誌が独占...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません