茂木式「いい人」をやめる4つの方法 #3

「いい人」をやめる脳の習慣』(著・茂木健一郎/学研プラス)の刊行記念として、cakesでは、著者・茂木健一郎さんのインタビューを緊急配信します。最後は、「いい人」をやめる方法についてお話を伺いました。

茂木 健一郎(もぎ けんいちろう)/1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。脳科学者。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職はソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。
※前回のお話はこちら

—これまでさんざん「いい人」をやってきているので、簡単に抜け出せなさそうです。何か手始めにやってみるといいことはありますか?

茂木健一郎(以下、茂木) まず、趣味のサークルでも何でもいいから、今とはまったく違う人間関係のなかでキャラ設定をやり直してみる。じつは僕自身が、すごい“キャラ変”を経てるんです。
大学院時代の僕は「いい研究者でいよう」っていうのが強かったけど、ケンブリッジ大学に行ったとたん、いきなりはじけちゃった。周りじゅう変人だらけで、「もうどうでもいいや」って(笑)。でも、それぞれみんな、すごい才能を持った科学者ばかりなんですよ。

—大学院時代には、まだ規範に合わせるっていう意識があったんですね。

茂木 ありましたね。でも、ケンブリッジ以降は全然気にしなくなりました。象徴的なのが僕の身の回りのことで、髪の毛はモジャモジャだし自分で切ってるし、ジャケットはいつもリュックの中にクシャッと入ったままだし……。
いまだに注意してくれる人もいるんだけど、そのうちに「あ、この人は髪の毛はちゃんとしない人なんだ」「ジャケットはリュックの中で丸まってる人なんだ」ってわかってもらえて、いつの間にか言われなくなります。うん、変人認定されるとラクですよ〜。変人クラブへようこそ(笑)。

—変人クラブですか(笑)。

茂木 まあこのことはさておいて、とにかくキャラ設定を変えると、そこからまた新たな人間関係が広がったりするんですよ。
欧米の女性って、よく髪の毛の色を変えるでしょう? これも一種の“キャラ変”なんだけど、そうしたとたん、寄ってくる男性のタイプがまったく変わるらしいんです。

—そうなんですか!

茂木 おもしろいよね。だからキャラ設定を変えると、恋人が変わる……って、これはマズいかもしれないけど(笑)、要はモテ方が変わる。別に男女の関係だけのことじゃなく、もっと広い意味で、付き合う人間が変わるってことです。

「いい人」をやめた人のやり方を「完コピ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

どんな頼まれごとでも、笑顔で引き受けていませんか?

この連載について

初回を読む
茂木健一郎 「いい人」をやめる脳の習慣

茂木健一郎

「いい人」をやめると、脳がブルブル動き出す! 他人の目に意識を向けず、自分のために脳を働かせれば生きるのが驚くほどラクになる。 ムダな我慢をあっさり捨てて、自分の人生を充実して生きるための茂木式・ポジティブ人生操縦法!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

VoiceOnFate 更に画像引用 https://t.co/7pd8fGhpYW https://t.co/yXarCrWTWP 10日前 replyretweetfavorite

VoiceOnFate 続けて画像引用。 ここまでの話(意識)の流れが把握できる。 画像引用元 https://t.co/7pd8fGhpYW https://t.co/ByI6Uk0pVx 10日前 replyretweetfavorite

cojin_cojin https://t.co/Yx8VOP63IC 12日前 replyretweetfavorite

gensan_pknl @memo_gen @jh1cdv 12日前 replyretweetfavorite