夫が20歳も若い女性とデートした日

小説家の森美樹さんが自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する日々を綴るこの連載。今回はパートナーの「デート」についてのお話です。旦那さんが若い女の子とデートしたのをきっかけに、恋人を奪われたトラウマが蘇った森さん。女のプライドや嫉妬にまつわる赤裸々な語りに、恋人と異性の関わりでモヤっとしたことがある人なら思わず頷いてしまうはず。

先日、旦那さんが若い女性(仮にEとしておこう)とデートをした。高級ホテルでアフタヌーンティーを嗜み、ウインドーショッピングをして、クリスマスのイルミネーションを鑑賞、その後は居酒屋でしこたま飲み、旦那さんが帰宅したのは午前様だった。

私より20歳も若い!

すでに寝落ちしていた(寝たふりともいう)私の頬にキスをして旦那さんは、

「遅くなってごめんね」

とささやいた。旦那さんも私も複数恋愛を遂行しているわけではないので、これは読み方によっては由々しき事態である。しかもEは私より20歳も若い! それだけでキィーッと歯噛みして地団駄踏んでしまう。しかしデートの詳細を私が知っているあたり、由々しきというよりはややこしい案件なのである。

Eは旦那さんと同じ職場だ。わりと親しくしているようで、一度私を交えて3人で食事をしたこともある。なかなか美人で賢く、好感度も高い。だが、いかんせん20歳も年下である、感覚がかなり違う。単純に若さがまぶしくて、私が勝手に萎縮してしまうというのもあるのだけど。

世代の違いというか、昭和生まれと平成生まれとの世界観の隔たりを、対男性だと「感覚のおもしろさ」として受け止め、ちぐはぐながらも会話が進むようだ。実際、Eと私よりも、仕事という共通点も手伝ってかEと旦那さんとのほうがやりとりはスムーズだった。

若い女性のまぶしさを、男性は朝露もしくは水面を反射する光のように尊く感じ、片や熟し過ぎて腐りかけた私はそのまぶしさがレフ版の光のように突き刺さる。「ちょっと! まぶしすぎて目が痛いんだけど!」と悔しさのあまりに一言クレームつけたくなってしまうのだ。年齢を重ねたら、人としての豊かな情緒や思いやりといった人間味で勝負すべきだ、というのは体のいい常套句で、やはり若さ(美しさがセットになってたらなおのこと)は羨ましく、目の前でちらついていたら妬ましくなってしまうのだ(こう断言するあたり、私には人間味のかけらもない)。

男は1秒も野放しにできないと痛感した日

旦那さんとEがデートをしたのは、Eが何やら仕事に関連する検定試験に合格したので、そのご褒美をしてあげたい、という旦那さんのやさしさからだった。Eも最近失恋したばかりで、疑似彼を演じてほしかったのかもしれない。

「俺、男として見られてないんだよ」と旦那さんは一笑に付し(女装家だしね)、あらかじめ私に許可を取った。その上、詳細なタイムテーブルまでメールで知らせてきたので、表面上は3人とも穏やかだった。しかし、旦那さんは私のトラウマを知らない。過去、私はたった一日、当時付き合っていた彼を野放しにしただけで、私の知人に彼を奪われたのである。

もう20年以上も昔だ。付き合ったばかりの彼が引越しをして、部屋の整理を手伝うために私は日参していたのだが、どうしてもはずせない用事ができて、さらに彼のほうも切羽詰った仕事があり、手伝いを所望していた。苦肉の策として、私は信頼できる知人女性を紹介し、一日だけ手伝いを頼んだ。するとその翌日に知人女性から私に電話があり、「私、彼と一緒に暮らすから」と一言。はぁ? 彼が私の彼だということを知人に伝えていなかったのは私の落ち度だし、そのくらい察してくれるよね、との思い込みも私の驕りに過ぎない。のちに知人から謝罪はあったにしても、泥沼の三角関係に突入したのだから後の祭りだ。

モテない男とは付き合いたくないけど、自分の男がモテるのは嫌

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アラフィフ作家の迷走性活

森美樹

小説家の森美樹さんは、取材や趣味の場で、性のプロフェッショナルや性への探究心が強い方からさまざまな話を聞くのだそう。森さん自身も20代の頃から性的な縁に事欠かない人生でした。47歳の今、自分自身の経験を交えながら、性を追及し、迷走する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

convallaria1 https://t.co/doAS3yApt0 2年弱前 replyretweetfavorite

Ksyzr フランスっぽいw けどフランスだったら老いた妻の方も私も若い男がいいなーとか言ってオープンに実行してる【 2年弱前 replyretweetfavorite

niina_noriko あほだから「私も仲良くなりたいな~」と本気で思って一緒にくっついて行くタイプです。 2年弱前 replyretweetfavorite

jiCdUQa3tKPfql7 なんだこいつ面倒な女だなという印象しかない。共感出来る要素がない…。 2年弱前 replyretweetfavorite