人生に希望を持っても、絶望しても、どちらでも人生は変わる

未来を知っているという若者に連れられてやってきた神戸の須磨海岸。話は佳境に入るも、ユウカはだんだん不安になってくる。


写真の中のユウカが変わったと幕田がいうと、池崎も高畑もその写真を覗き込んだ。

たしかに、最初に見たときとは服装が変わっているような気がする。 ワンピースを着ていたはずのユウカが、ジーンズとTシャツに着替えている。

「わー、変だね。ここまで幕田くんが未来から来たっていうのを疑ってたけど、なんだか不思議なことが多すぎて、信じてしまいそうだよ」

だが、そんな喧噪を横目で見て、ユウカだけは幕田の周りには集まろうとしなかった。 アキがいぶかしげにユウカに理由を尋ねるとユウカは一言。

「怖い」

と言った。

「自分の未来を知るのも怖いし、もう何も知りたくないの」

アキはユウカに向かって答えた。

「その気持ちはわかるわよ。自分の未来なんて知っても何にも得にならないものね」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません