インフレって何?

お金を増やすためには、お金の使い方を知ることです。
以下で、該当する項目があれば、お金の使い方を間違っています。
 □家は会社の駅の沿線で選ぶ
 □車や家を買うなら新車・新築
 □スーパーでは現金で支払う
 □節約をしている
効率的なお金の使い方こそが、お金を増やす法則なのです!
書籍『使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり―』より、今すぐ誰でもできる、効率的なお金の増やし方をご紹介。毎週火・金に配信。

Rule
健全なインフレと言えるためには、
給料アップが前提になる


 「インフレ」や「デフレ」という言葉は、新聞やニュース等でよく見聞きすると思います。
 日本では「失われた10年」(今となってはすでに20年以上失われていますが)と言われた時期からずっとデフレが続いているために、デフレの方が日常的に耳にするかもしれません。

 私がデフレという言葉を意識したのは、日本に帰国した2000年前半です。
 帰国早々、「日本はデフレでユニクロっていうお店が人気なのよ」と言われ、ユニクロのフリースを着ている人をあちこちで見かけました。
 その当時、シリコンバレーのある北カリフォルニアでは、IT産業が勢いづいており、物価がどんどん上がっていたので、その差に驚いたものです。

 では、そもそもインフレ、デフレとはどういうことなのでしょうか?

 よく物価が「上がる」とか「下がる」とか言いますよね。
 インフレとは、モノが値上がりすることです。
 そして、そのインフレには健全なインフレと不健全なインフレの2種類があります

健全なインフレといえるには、経済成長の結果、給料が上がり、モノの一定の値上げを消費者が受け入れられる環境が必要です
 一方、不健全なインフレは、経済成長が伴わないため、給料が上がっていないにもかかわらず、モノの値段が上がります。
 デフレはインフレの逆で、給料もモノの値段も値下がりすることです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

リスクのある投資をせずに、今すぐ誰にでもできるお金の増やし方!

この連載について

初回を読む
使えば増える! お金の法則 ―ワクワクしながら資産づくり―

垣屋美智子

お金を増やすためには、お金の使い方を知ることです。 以下で、該当する項目があれば、お金の使い方を間違っています。  □家は会社の駅の沿線で選ぶ  □車や家を買うなら新車・新築  □スーパーでは現金で支払う ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード