男は性欲があるから、女とは友だちになれない」と言い切った彼

独身、既婚、子持ち、子なし、お金持ち、貧乏、美人、不美人…。ちょっとの「違い」ゆえに、時々ぶつかる私たち。それでも、男には絶対に見出せないものが、女の友情にはあるーー。

「女友だち」の新しいカタチを描く北原みのりさんのエッセイ『メロスのようには走らない。〜女の友情論〜』を特別公開します。

 高校に入学したばかりのこと、ディベートの時間があった。たいした議論をした記憶はないのだけど、ある日、ディベートがものすごく白熱したことがある。テーマは「男と女に友情は成立するか」というものだった。

 と、書きながら、私は自分がどちら側についたのかまったく覚えていない。意見があったのかも記憶にない。ただ強烈に覚えているのはI君という眉毛の太く正義感の強くて学級委員体質の男の子が、「絶対に友情は成立しない!」と言い切ったことだった。そしてその理由として彼は続けて、こう言ったのだった。

「なぜなら男には性欲があるからだ」

 その瞬間、クラスの女子全員のI君を見る目が、ざっ!と変わったのは言うまでもない。高校男児の性欲がどれくらいのものか知らないが、I君の堂々とした「性欲がある」発言は、やっぱり気持ち悪かったのだ。しかもI君といえば、真面目で、勉強熱心で、面白い顔で、明るくてリーダーシップがある、女子からすると「彼氏」にはならないが、「友だち」にはなれそうなタイプという存在だった。そのI君が、「性欲があるから女とは友だちになれない」と言った時の衝撃ときたら!!

 あの頃の私にとって「全てはこれから、未来の話」だった。15歳だもんね、人生すら、まだ始まっていないような気分だった。自分のことも世界のことも、まだ知らないことだらけだ。

 それなのにしつこいが、I君のように自分の性欲を普遍的に据え、性欲を根拠に堂々と発言できる男って、いったい何男とはやっぱり友だちになれない!そんな戸惑いが、生まれたのは覚えている。

女と男が見ている世界が違う

 さて今ならば、私は何て答えるだろう。女と男は、友だちになれるだろうか?と今、改めて考えてみようと思っているのだけれど、ピンとこない。なれる人もいるでしょうし、なれない人もいるでしょう、という答えしか浮かばない。実際に「私は男友だち多いんだよね」とか「おれ、女友だち多いよぉ」と言う人もたくさんいるし。「セックス・アンド・ザ・シティ」以降、ゲイの男とのヘテロ女の友情も様々に描かれ始めているし。

 ただ、私自身はヘテロ男とは深い信頼関係を築くのはとても難しい、という思いがある。I君のトラウマというわけではないけれど、女という性を生きてると、男が見ている世界と私たちが見ている世界は、あまりにも違い過ぎるっ!前提が違い過ぎるっ!と思うことが多すぎるのだ。

 たとえば「(米軍は)風俗を活用してほしい」と言ったのは橋下大阪市長だけど、彼は私と同世代だ。まさに私にとってはI君みたいなものだ。彼は、性犯罪から女性を守るために、風俗で働く女性を活用してほしい、と言っているのだけれど、女にしてみれば、あまりにもペニスに偏り過ぎた考えだ。

 それでも、橋下大阪市長のこの発言を擁護する男性は少なくなかった。男の性とは「放っておけば、暴発するもの」で、「女には二種類いる、セックスを売る女と売らない女と」という前提で生きている男性って、いまだにとっても多いのかもしれない。

 だとしたら、そんな前提を生きている男の人と、どうやって私は人生を語り合えるというのだろう。どうやって、心と股を安心して開けるというのだろう。

 もちろん、女の人にだってそんな考えの人はいくらでもいる。

「男の人は定期的に精子を出してあげないといけないから、セックスは妻や恋人の役目だぉ。でも時々は風俗に行ってもいいぉ。でも、フツーの女の人に本気になっちゃ、いや」

と真顔で考えている女の人と友だちになれる気配は、やっぱりしない。

 でも、そんな女とだって、思い込みや無知ゆえの性に関する神話などを、互いに読み解きながら、どこかでコツンと共通の芯のようなものにつながる希望は持てるように思う。

ペニスで結びつく男たち

 先日、仕事で知り合った30代女性と食事をした。サイトウさんは、数分話しただけで何か共通の話題が多そうだったことと、好感の持てる人でもっと知り合いたいと思ったこともあり、食事に誘った。案の定、年齢も趣味も職業もまったく違うというのに、私たちは互いに刺激し合うような感じで会話が弾んだのだ。これからは時々ご飯食べようね!という軽い約束をして帰る時、サイトウさんが興奮したように私にこう言ってきた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メロスのようには走らない。〜女の友情論〜

北原みのり

独身、既婚、子持ち、子なし、お金持ち、貧乏、美人、不美人…。ちょっとの「違い」ゆえに、時々ぶつかる私たち。それでも、男には絶対に見出せないものが、女の友情にはある。「女友だち」の新しいカタチを描く、北原みのりさんのエッセイです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tjmlab 性欲の塊(*´σー`) 6ヶ月前 replyretweetfavorite

notkitasima #スマートニュース なかなかよい 6ヶ月前 replyretweetfavorite

catchtheclo 違った、こっちだ https://t.co/fI41RSfjLW 6ヶ月前 replyretweetfavorite

hana0102 性欲はあるけど、それを制御できる理性があるかないかでしょ。 6ヶ月前 replyretweetfavorite