男の趣味の領域に女が入るということ

ジャズや小型船舶操縦など、男性の愛好者が多い趣味を嗜む牧村さんは、しばしば「この世界は男ばっかりだからさ、女性がくると嬉しいねぇ」と言われることがあるそうです。男のものとされる領域で女扱いされるとはどういうことか、牧村さんは「スタンド・バイ・ミー」を切り口にして考えていきます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

気づいたら
リングの上に乗っていた
降りたら笑われ
一生孤独

みたいな気がしてるってことなのかなあ、この人が抱えている恐怖感を五七五七七でまとめると。って、想像している。想像しかできないけど、頑張って想像している。女や目下や年下をまとめて見下すタイプの男の人の話に、じっと耳を傾けながら。

子どもの頃からわりと男の子っぽいとされる趣味を持って生きてきた。「男の子ばっかりずるいよ」と思って生きてきた。学校でゲームの話をしただけで「そんなに男子に好かれたい?」「女子のくせに」と言われるのがすごく嫌だったし、漫画「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」でほぼ唯一と言っていい女の子キャラのチイコがピンク色のミニ四駆でレースにボロ負けしたあと主人公の男の子キャラをキャーキャー応援するモブと化すのにもめちゃくちゃ腹が立ったし、ちょっと古いロック聴くと「彼氏の影響?」「お父さんが聴いてたのかな?」って言われてもうWe will we will fuck you !! Sing it !!ってシャウトしたい気持ちだったし、好きでベースを弾いていたら「いやあ女なのに上手いねえ、って言われるベーシストにしてやるよ」と男に言われたので「そんなもんになりてえんじゃねえよ」と音楽短大を中退した。学校での課題曲はスタンドバイミーだった。

ホェンザナイッ♪

ハッカム♪

ダーリン ダーリン

スタンド・バイ・ミー。

あなたはご覧になっただろうか。もう公開から30年以上経ってしまった。少年四人が、「おい、森の向こうに死体があるらしいから見に行こうぜ」と言い合って、夜通し線路を歩いていく青春映画である。

わたしはたびたび考える。

スタンドバイミー、あれ、四人のうち一人でも女の子だったら成立しただろうか?

十代のわたしはこう考えていた。
「男の子はいいな。女はネチネチしてるから。スタンドバイミーが女の子四人だったら成立しないでしょ? 日が落ちるあたりで絶対『足疲れた〜』『アンタが言い出したんでしょ!?』『シャワー浴びた〜い』みたいになって崩壊するから」

二十代のわたしはこう考えていた。
「なんでわたし、女はネチネチしてるから、とか言ってたんだろ?『女ってネチネチしててやだよね』とか言ってサバサバ女アピールしとけば、自分は違うって空気出せるとでも思ってたのかな。自分は違うってアピールして、実は冒険に入れて欲しかっただけなんじゃないのかな」

三十代のわたしはこう考えはじめている。
「スタンドバイミー、あれ多分、男の子たちさ、少なくとも出発地点では正直別に行きたくなかったよね?途中ヒルに噛まれたりしたあたりでも、正直ちょいちょい帰りたいよね?なのに『俺たちの中で一人だけ死体にビビってると思われたら男がすたる』みたいな意地で夜通し線路歩いちゃう男の子も男の子で、多分、たいへんなんじゃないのかしらね。だからあの映画みたいな、『少年の日のあの夜』を綺麗な思い出として見せてくれる作品が必要になるんじゃないのかしらね。男同士の視線が交差する中、死ぬまで男として線路を歩き続ける男には」

考えて、考えて、考え続けながら、わたしは冒険に出る。ジャズ、小型船舶操縦など、男のものとされる領域に出る。そうするとしばしば、こういう扱いを受ける。

「この世界は男ばっかりだからさ、女性がくると嬉しいねえ。」

「この世界は男ばっかり」な状況において「女性がくると嬉しい」と認識されるということは、どういうことか。一見いい感じだが、そうでもない。具体例をあげよう。

それはつまり、海辺でバーベキューをしててちょっと月が綺麗だったから波打際まで見に行ったら「お〜! あれはキスしてくれって誘ってるぞお〜〜!?」ってネタにされるということである(実話)。

ちょっと暑いけどわたしの体では男みたいに上半身裸で海風を浴びることが許されないから不自由だなあ、と言ってみたらなぜか「女の子は脱ぐと誰がおっぱい大きいかすぐバレちゃって女同士で争いになるからなあ(笑)」みたいな話にされるということである(実話)。

つまり、

無償接待要員だ。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tomotomo1987 ちょうど牧村さんが書いた記事(現在無料)にも掛かるけど、男性の特権性がホモソーシャルと強く結び付いている(そしてそれが女性蔑視に直結する)中で、それから逃れられるのは、実はホモソーシャルの中ではかなり上位だったりする。 https://t.co/ibcsLTUFgQ 18日前 replyretweetfavorite

n_n_n_n_n99 私が初めて〝無償接待要員にされてるな…?〟と思ったのは20才の時に飲食店でバイトした時だな 大学の飲み会で講師相手に無償接待要員と化してる友人を見て悲しい気持ちになったのもその頃だな https://t.co/cujpE2tUQs 18日前 replyretweetfavorite

moxcha 線路の上でも下でもない、線路の上下に縛られない新しいところでいきたい。 21日前 replyretweetfavorite

nyaonTNGM こういう考えが好き 21日前 replyretweetfavorite