夢中になれるものがなかった私が見つけた、今ひたすら没頭したいもの

都心の会社に勤める「のん」さんは、一見どこにでもいそうな普通のOL。でも平日は昼休みに食べられる野草を摘みに出かけ、休日は野草会を主催する。そんな「のん」さんの『365日野草生活』をご紹介します。夢中になれる趣味がなく、ナニかに夢中な人に憧れていた「のん」さん。それが今や野草に夢中で365日野草に没頭しています。今日はそんな「のん」さんが最近目覚めた、ある植物の話です。

先日、イカ好きの友人と、水族館に行ってイカを見てきた。
目的が「イカ」。
水族館って恋人とデートするところだと思ってたよ。

イカの魅力について、とくとくと語る友人は、言葉は静かだが目が輝いていて、すごくステキだった。

私は特別にイカが好きなわけじゃないけど、ナニかに特別さを感じていて、それについて熱量を持った人は好き。

私の知人には、一風変わったナニかが好きな人がいる。

イカが好きすぎて、日本にいる全てのイカの種類を釣りたいあの子。
唐辛子が好きすぎて、休日は唐辛子屋さんをしている会社員。
南インド料理が好きですぎて、脱サラをして南インド料理店オーナーになった怪しいオジサン。

そんな人たちと話すと、ナニかについて冷静に語っていたりするのだけど、熱量がはんぱない。仕事はまた別で持っていても、プライベートのほとんどを、そのナニかに費やしている。

私はネイルとか映画鑑賞とか合唱とか…趣味と言えるのかな?というくらい、広く浅い趣味しか持っていなかった。

どの趣味も、その時は楽しかったり嬉しかったりするけど、心は空洞というか。

楽しそうと思ったことをしていても、心も体もひとつになって楽しいとは思えなかった。なんとなくバラバラで、心が埋まらないと感じていた。

だから夢中になれる趣味を持っている人に憧れもした。


それが今や、野草が好きすぎて365日観察したり食べたりしている。
野草観察している時間が楽しくて、時間を忘れて野草に打ち込んでしまう。
昼休み中に野草観察をしていると、午後の始業に遅刻しそうになることがしばしばあるくらい。

野草に没頭するために、今まで趣味だと思っていた全てのことを手放した。

いつ、どこで、ナニに目覚めるか分からないものだ。


ドングリは美味しい!?

今年、目覚めたのはドングリだった。(野草じゃないね)

初夏に「スダジイは美味しいんだよ」と聞いた。
それならば食べてみたい。と思って秋になるのをずっと待っていたのだ。

スダジイはドングリのなる樹木の1種。
会社からほど近い神社にスダジイはあった。

そろそろドングリが落ちているかな・・・と思って向かったら、あった!


スダジイのドングリが落ちていた。

「ドングリ」と言われれば、なんとなく姿かたちが思い浮かぶ人は多いと思う。
でも、そもそも「ドングリ」という種類の植物はない。

クヌギやカシなどのブナ科の植物の実を総じてドングリと呼ぶ。
その種類は国内だけで約20種類。栗も広い意味ではドングリである。

縄文時代には人間もドングリを食べていたらしく、遺跡からも見つかっている。
だから、ドングリ料理のことを縄文○○と呼ぶ。例えば、ドングリクッキーのことを縄文クッキーとかね。

多くのドングリはよく似ている。ドングリがかぶっている帽子のような殻(殻斗、カクト)と、ドングリ(堅果、ケンカ)やヘソ(堅果と殻斗がくっついている部分)の形で見分けることができる。ただ、これは本当に難しい。

私は、このカクトのことをパンツと言ってる。
このドングリは、シマシマパンツを履いている、こっちのドングリはウロコパンツを履いている、あのドングリは毛糸パンツを履いている、と思った方が覚えやすくて。

見分けが難しいドングリだけど、スダジイはとても簡単。

大きな特徴は、チューリップパンツだ。

スダジイは総苞と呼ばれるものがドングリを覆っていて、これに少し裂け目が入り、チューリップのような形になる。


ドングリの下処理

水につけると、虫食いされたものや、中身が空のものが浮いてくる。

浮いてきたドングリは食べられないので取り除こう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
365日野草生活

のん

都心の会社に勤める『のん』さんは、一見どこにでもいそうなOL。でも平日は昼休みに密かに草を摘みに出かけ、休日は野草会を主催する。365日野草をとって食べる「365日野草生活」を営んでいます。そんな『のん』さんのすてき野草ライフをご紹介...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mori_kananan |のん @365nitiyasou |365日野草生活 好きなものに没頭するのは、対象がどんなものであれ、ステキだと思う。 どんぐり可愛いなあ。 https://t.co/Lp2GQMvnJe 6ヶ月前 replyretweetfavorite