セレブ女性と体験した、人生で1度起きるかどうかの希少なエロ

日本初の「猥談バー」を手がける佐伯ポインティさんに、今週のちょっとエロい話をご紹介いただくこの連載。今回は、六本木のバーで極めて特殊なシチュエーションに巻き込まれてしまったというKくん(28歳)のお話です。

人生で1度起きるかどうかの猥談、というものがあります。
極めて特殊なシチュエーションに巻き込まれてしまう猥談です。

プレオープン中の猥談バーに来てくれた、都内IT系の企業に勤めるKくん(28歳)は、来店した初日に
「どうしても話したい猥談があって。最近のことなんですけど。バーで出会ったセレブな経営者の人に、ムーンヨガをさせられて…」
という切り出しで、猥談を披露してくれたのです。

面白すぎたので、追加で取材をさせてもらいました。

というわけで今週は、Kくんが体験した希少な猥談を紹介させてください。

***

—その女性の経営者の方とは、どんなバーで出会ったんですか?

K「六本木の小奇麗な感じの、静かなバーで。僕は最初、男3人で飲んでたんです。で、ちょうどソロの女性がバラバラに3人いて。せっかくだしお話してみるか、ということで1人ずつ声をかけにいったんです」

—どういう感じで話しかけたんですか?

K「いま1人ですかー?っていったら、すんなりいけちゃって。宇垣美里が、いい感じにお年を召した感じの、30代後半くらいの女性で。あと、結構会話が盛り上がって意気投合しちゃったんです。それから『あなたこれ食べなさいよ、美味しいわよ』って餌付けされたり、身体とか触りだしてきて…」

—全体的に、スピード早いですね~!どこらへん触ってきたんですか?

K「肩とか上腕二頭筋とか…」

—なんて言って触ってきたんですか?

K「シンプルに、スポーツでもやってたの…?とか言っててぺたぺた触ってきて、太ももとか…」

—太もも!!

K「いい身体してるわね…って言って。その人は、社長ってこともあって、度胸とかもすごいんです。常人にはない感じでしたね。お店のマスターも頭上がんない感じで。それでいて下品じゃなくて、妖艶な、艶っぽい感じでした」

—余裕がすごそう…富豪感ある感じですかね?

K「そうそう!富豪な感じです!『あなた、わたしの秘書になる?』って言われましたし」

—すごい!スカウトされちゃってる!

K「何が良かったのかわからないけど…あやうく転職でしたね」

—そこからも、気になります!

K「いい時間になったし、社長の方から、時間も時間だし、でましょうか、と言ってきて。
僕の友達はもう帰ってて。自然な流れで出たんです。バーを出て、階段降りてるときから、腕組んできてて」

—おお!

K「そこで社長が『ウチ近いから、寄ってかない?』と」

—もう、脚本みたい!!

K「僕も、こんなことあんの…?と思ってましたね。で、『もっと話したいこともあるし…』って言われて。一応、秘書に誘われてるから、聞かなきゃとおもって…」

—もう社員みたいな意識じゃないですか(笑)

K「で、白金のほうにあるいい感じのタワマンにいって…」

—タワマンきました!!

K「ベタベタされてたから覚悟はしてたんだけど、部屋ついていきなり!みたいなのは無くて。意外とクローゼットとか開けてゴソゴソしてるんですよ。で、いつものセックスが起きる流れと違うな…とおもったら…」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
佐伯ポインティの今週のちょっとエロい話

佐伯ポインティ

「エロデューサー」という肩書きで、猥談メルマガ、出張猥談師、猥談オークションなど、性愛にまつわるユニークな活動している佐伯ポインティさん。そんな彼のもとには、ときに笑えて、ときに切なく、ときに不思議な猥談が多数集まってくるのだそう。佐...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

c___v めっちゃいい話… 8ヶ月前 replyretweetfavorite

phnoch https://t.co/KVrfo7MSr1 純粋に話としてかなり面白いんだけど男女逆の正常位という新概念を得られたことが良かった メイヴちゃんで見たい 8ヶ月前 replyretweetfavorite