11月22日「いい夫婦」の日。夫婦とはなんぞやを考える選書リスト

「浮気はいいけど、チョコレートはだめ」「恋と性と夫婦は両立するか」「夫婦とはお互いを縛るもの」「理想の家族なんて存在しない、のか?」。夫婦って「日常生活の中でたんたんと一緒に過ごす相手同士」の意味を指すはずなのですが。小説や漫画を見渡すかぎり、どこかで「きょ、狂気……」と言いたくなる瞬間が入り込むのはなぜなの。なぜなんだ。

夫婦とは、この世の超・ブラックボックス

 ご存知ですかっ。本日11月22日は「いいふうふ」の日だそうです! そのまんまですね。1・1・2・2。
 といいつつ、家族のありかたも、「いい」夫婦像も、人によってだいぶ変わってきた2018年。これがいい夫婦だ、って一概に言えないですよね。世の中にも「夫婦のあり方ひとりひとり模索してこうぜ(むずかしいけど)」と言われているように思えます。
 ならば! ここらでひとつ、「いい夫婦とはなんぞや」を考えるブックフェアをひとりで勝手にひらいてみました!!
 文学と夫婦、って意外に深いテーマなのでは。というわけで、れっつごー!


①浮気はいいけど、チョコレートはだめ。
『いくつもの週末』江國香織(集英社)

 たとえば「浮気はいいけど、ほかの女の人にチョコレートをあげちゃだめ」だとか、作家・江國香織の「夫婦」についてのエッセイ。すごくすごく素敵な文章だらけなのだけれど、その裏に妻から夫に対する視線の狂気が見えるところが、美しいんだか恐ろしいんだか。
 夫とけんかをしてしばしば家を出てゆこうとする江國さんに、夫さんが「一時の気の迷いでそんなことをしちゃいけない」と言った場面。すると江國さんは「これが一時の気の迷いなら、結婚は恒久的な気の迷いだわ」と笑ったそうな。ラブってこんなにわかり合えないものなの!? まじ!? とゆとり世代の若者は慄いてしまうよ。

②恋と性と夫婦は両立するか!?
『1122①~④』渡辺ペコ(講談社)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ktre30 三宅先生の連載きてた☺️ 江國香織さんのエッセイ気になるな。めっちゃ結婚したくないんですけど、それがどう変わるか、はたまた変わらないのか。 https://t.co/BLiaOVGycN 7ヶ月前 replyretweetfavorite

mori_kananan |三宅香帆 @m3_myk |わたしの咀嚼した本、味見して。 結婚は恒久的な気の迷い、一理あるかもしれない… https://t.co/l30lK1N17d 7ヶ月前 replyretweetfavorite