わざわざ平田の考えかたを作った原体験

独自の経営スタイルや働き方で注目を集める「パンと日用品の店 わざわざ」の平田はる香さん。先日、岡山の講演会で起業家の家入一真さんとご一緒しました。「つくったサービスは自身の原体験に関係している」と話す家入さんに共感した平田さん。自身の考えかたの基礎をつくった幼少期の原体験を語ります。

家入さんと皆さんと一緒に!

年内の出張講演が先週末で全て終了した。最後は岡山県津山市での起業セミナー内での講演で、株式会社CAMPFIREの家入一真さんとご一緒させていただいた。

このイベントで、家入さんがお話しくださった「今のサービスをつくったのは自分の原体験が関係している」という話が、最近、私自身がよく感じていたことでもあったので、今日はイベントとそのことについて話をしてみたい。

家入さんのことは、皆さんご存知だと思うけれど一応説明すると、22歳で起業して29歳で最年少上場の記録を打ち立て、CAMPFIRE以外にもBASEやGMOペパボ、NOWなど多くのインターネット企業を作った連続起業家でもある。

私は以前書いたように、若い頃東京でクラブDJをやっていた時期がある。その時代はインターネット黎明期で、夢中になってDJイベントのWEBサイトを作り活動のPRをしていた。そうするうちに、いつの間にか「こんなサイトが作れるのならばこんなのもできますよね?」と仕事を頂くようになり、WEBデザイナーの仕事をするようになった経緯がある。

その時に家入さんが初めて作ったサービスでもあるレンタルサーバー「ロリポップ」を知った。当時数千円したサーバー料金が250円(と記憶している)という価格破壊に衝撃を受け、その後、家入さんが作った幾多のサービスにお世話になってきた。

家入さんとは一度だけお会いしたことがあったけれど、きちんと向き合って話すのは初めてだったので、とても楽しみにしていたのだった。


津山市の起業塾はすごかった

人見知り同士。最初は遠慮がちに伏し目がちに会話が進みます。笑。

今回のイベントで一番驚いたのは、参加者の年齢層の幅が広かったことだ。起業している人や起業したい人対象のセミナーだったので、勝手に年齢層高めを想像していたのだが、高校生から60代まで年齢層もミクスチャーで職業も多種多様でとても面白い会だった。

高校生の時点で「起業」という生き方が当たり前に選択肢に入っていることが素晴らしい。大学に行って、いい会社に就職するという考え方は既に化石みたいになっていて、地方でも都市でも分け隔てなくこういう考え方をできるようになったことに感動さえした。自分が学生の頃には考えもしない視点であったし、インターネットの登場が大きくその背中を後押ししている。

そんなインターネットの中でずっと家入さんは、若者を応援するサービスを作り続けている。激安レンタルサーバー、簡単に作れるオンラインストア、お金のない人でもチャンスを作れるクラウドファンディング、住む場所のない若者の駆け込み寺など、幾多のプラットフォームを生み出した。家入さん自身は「言い訳をできなくしている」とも言っていたけど、優しさと厳しさが入り混じったサービスに助けられた人は多い。


原体験がサービスを作る

今回のイベントは私が1時間プレゼン、家入さんが1時間プレゼン、その後ディスカッションと質疑応答で1時間とかなり時間に余裕があって、話を深めるのにとてもよいスケジュールだった。家入さんは自分がそういったサービスを作るまでの経緯をお話ししてくださったのだけど、その中で繰り返し出てきた言葉が「原体験」であった。結局、原体験に戻ってくるというフレーズが、最近の自分が感じていることにぴったりと符合した。

家入さんは中学2年生の頃のいじめをきっかけに、引きこもりになる。その後、様々な出来事に翻弄されながら、自分の居場所を作るためには起業に辿り着くしかなかったと話されていた。最近、私も自分自身の生い立ちに振りかえらざるを得ないことが多い。ルーツを理解していないと自分の行動を説明できないことがあるし、原体験の中にある問題を解決するために事業を行なっていると言っても過言でないかもしれない。


常に父に問いたてられて育った私の原体験
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わざわざ平田の思索日記

平田はる香

長野県東御市にある「パンと日用品の店 わざわざ」。山の上の長閑なこの場所に、平田はる香さんは2009年にひとりでお店を開きました。平田さんがnoteで公開した記事「山の上のパン屋に人が集まるわけ」が大いに反響を呼び、独自の経営スタイル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

izaken77 昨日のこのツイートは平田さんのこの記事を読んで思ったことでした。 2年弱前 replyretweetfavorite

Kazutos08451293 知りたいのは出来事ではなく、その人が何を考えたか、だ。人は興味の尽きない取材対象であり、被写体であると思う。やはり、人だ。 2年弱前 replyretweetfavorite

izaken77 |平田はる香 @wazawazapan |わざわざ平田の移住日記 平田さんがすごく考える人である理由がとてもよくわかる記事です。 https://t.co/8NhmcL1FVP 2年弱前 replyretweetfavorite