自分の性別が嫌い。でも、異性として生きたいわけではない

今回、牧村さんのもとには「自分が女であることが受け入れられない。けれど男になろうとはしていない」という女性からのお悩みが届きました。「どうしたら自分を受け入れられるでしょうか」という相談者さんに対して、牧村さんは「実はそもそも、"女であることが受け入れられない"わけではないのではありませんか?」と、悩みの本質を見抜いていきます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

「女でいたくない」
「男でいたくない」
「自分の性別が受け入れられない」

って言うとすぐ、「性同一性障害ってこと?」ってなりがちだと思うんですよね。世の中を、「男/女」「性同一性障害の人/そうでない人」って感じに、二色でわかりやすく塗り分けたい人の都合に合わせていると。

だけれど実際、そんなにわかりやすくはないわけじゃない、人類。たとえば「自分の性別が受け入れられない」ということは、必ずしも「異性になりたい」を意味しない。この連載の過去記事『今付き合ってる彼女が「彼」かもしれません』でも、「日本では、女とされて生まれ、男として生きようと医療機関を受診する人の割合が比較的高い。それは“男として生きたい”だけでなく、“女やめたい”という人も相当数含まれているからではないか」というお話をしましたね。

「これをやめたい」が、「あれになりたい」であるとは限らないんです。「オラこんな村いやだ〜」って言ってる人が、全員東京に出るわけじゃないでしょ?

では、なんなのか。今回は、「自分が女であることが受け入れられない。けれど男になろうとはしていない」とおっしゃる方からのご投稿をもとに、考えてまいりましょう。この、「自分の性別が嫌だ。でも異性として生きたいわけではない」っていう、なんとも言えない感じについて。

まきむぅさん、こんにちは。いつも目から鱗をぼろぼろと落としながら読んでいます。私が相談したいことは、自分が女であることが受け入れられないということです。

私は女に生まれ、一応女として育ち、恋愛対象は男性です。でも、女という性別が受け入れられません。理由はいろいろあります。かわいく生まれなかったこと(顔の美醜は関係ない!と言われることもありますが、やはり実際に不美人は生きづらいです)。楚々と振舞うことに興味が持てなかったこと、故に「女子力が低い」、「おっさん」と称されること。

このように「女」という枠組みから外されているにも関わらず、女の姿形をしているだけで、痴漢や変質者に遭います。女だから、支配してもいいだろう、性的なことをしてもいいだろうと思い、それを行う人がいたこと。はらわたが煮えくりかえるほどムカつきます。自分が女であるがゆえにこんな目に遭うなんて、本当に気持ち悪くて仕方ありません。

こんなことを書いている私が最も性別に囚われてるんじゃないかなと自分でも思っています。性は2つでなく、もっと多様でグラデーションのようになっているということを、周りもわかってくれたらもう少し楽になるのになとも考えています(性はグラデーションなんじゃないかというのは私が勝手に思っているだけですが)。どうしたら自分を受け入れられるでしょうか。日々がんじがらめになっていて苦しいです。よろしくお願いします。

(全文そのまま掲載しました)


ご投稿、ありがとうございます。また、がんじがらめでも生き抜く日々、なんと申しますか、なんと申し上げても軽いかもしれないですけど、それでも、心を込めて申し上げます。お疲れ様です。

拝読して思ったことを、申し上げてもいいかしら。
ご投稿者の方、実はそもそも、「女であることが受け入れられない」わけではないのではありませんか?

ちょっと読み返して、まとめてみましょう。

なぜ「女であることが受け入れられない」とお思いになったのか。

(1)かわいく生まれなかった。
(2)楚々とした振る舞いをすることに興味が持てない。
(3)女子力が低いとか、おっさんだとか言われる。
(4)女の姿形をしているだけで痴漢や変質者に遭う。

これ、突き詰めて考えると(1)から(4)まで全部、「他人にどう扱われるか」の話ではないでしょうか?「自分がどうあるか」の話ではなくて。だから正確に言うと、ご投稿者の方は「オンナ扱いを受けることが嫌」なんじゃないのかなと思ったんです。本当は、「自分が女であることが嫌」なわけではない、って。

「女やめたい」
「男になりたい」
この二つが別のことであるように、

「女なんだからという扱いを受けること/女らしくあれと強いられることが嫌」
「女であることが嫌」
この二つも別のこととして整理した方が良いと、わたしは思います。

他人が言ってくることを、そのまま信じ込まされてしまわないために。
言い換えれば、外的な社会規範を、無意識に内面化してしまわないために。

中でも無意識に内面化してしまいがちなのが、これなんです。

「(1)かわいく生まれなかった」

これ冷静に考えると、誰か判断基準を決めてるやつがいるでしょ? どういう顔が「かわいい」顔なのか、決めているのは社会規範なわけじゃない。もっと正体つきつめるとさ、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

karumo_ 有料だったけど続き気になって普通に購読してしまった https://t.co/zZ9KgeP66W 8日前 replyretweetfavorite

akiyukiharunatu 様々な嫌悪について調べていたら、吐き気を催す記事の多いなかで ほっとする記事があった。 https://t.co/caOmHgx5Mo 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

i_overthere cakes会員じゃないんだけど、すごく読みたい。 https://t.co/0JXYsT1wDV 8ヶ月前 replyretweetfavorite

syaga9_tk 今日のゼミ思い出しながら泣いてる 10ヶ月前 replyretweetfavorite