日本の政治家は美術的センスがなさすぎる

エロにオープンな家庭環境の中、独裁者に憧れた少年時代に迫る!
とびきりかっこいいデザインだけでなく、還暦目前のプロ童貞としての独自の視点に基づく発言とライフスタイルが、多くの業界人から支持されている山口明(58歳)の過激さが加速する自伝『ワイルドチェリーライフ 山口明 童貞力で一億総クリエイター時代を生きる』第2回目スタート!!

独裁者を夢見た山口少年は、自分だけの帝国を築きたかった

──そこで身体を鍛えるか文化面に行くかでその後の人生の方向性が変わっていきますよね。

山口 そうかもね。で、オレは小学校の高学年ぐらいから急にプラモデルにハマりだすんだよ。タミヤの1/35シリーズっていうのがあって、ドイツ軍が大好きだったから戦車とか戦闘機とかよく作ったな~。

──なんでドイツ軍が好きだったんですか?

山口 オレがそのぐらいの時期に憧れたのはヒトラーなんだよ。

──超アウト! でも、当時ならしょうがないですよね。

山口 子供の頃は独裁者を夢見てたなぁ。気に食わない奴は全員ぶっ殺して自分だけの帝国を築きたいって思ってたから。

──じゃあ、「ナチス最高!」と思いながらドイツ軍兵器のプラモを組み立ててたんですか?

山口 そうそう。小学6年生の夏休みに、なんでもいいからひとつ研究してこいって自由研究の課題があって、オレはナチ研究をしたのよ。そしたらウチの親が心配してさ。親戚に学校の先生やってた人がいたんだけど、その人に相談してたよ(笑)。

──でも、ヒトラーって特撮や映画では悪役じゃないですか。

山口 いや、「カッコいい」っていう印象しかなかったな。制服とかもカッコいいじゃん。

──まぁナチはそういう方針ですもんね。

山口 あと、ヒトラーって元々絵描きでしょ。絵を描くのが好きだったから、シンパシー感じちゃってたよ。でも、ちょっと脱線するけど、絵の描ける政治家って魅力的なんだよ。ヒトラーとチャーチルって絵が描けるじゃん。日本の政治家には美術的センスがなさすぎるでしょ。だからダメなんだよ。やっぱね、美術的センスは大事だよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2019年1月17日(木)19:30 大阪Loft PlusOne West『ワイルドチェリーライフ 山口明 童貞力で一億総クリエイター時代を生きる』発売記念イベント開催!!

この連載について

初回を読む
ワイルドチェリーライフ 山口明 童貞力で一億総クリエイター時代を生きる

山口明 /市川力夫

とびきりかっこいいデザインだけでなく、還暦目前のプロ童貞としての独自の視点に基づく発言とライフスタイルも多くの業界人から支持されている山口明(58歳)の人生を追い、劇的に変化を続ける男女問題、やがて人口の約4割が独身世帯「ソロ世帯」に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

stay_foolish82 オススメです。 2年弱前 replyretweetfavorite