晩酌歳時記

第二十一回・心太

好きなお酒はビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウィスキー、ラム、ジン、グラッパ、マッコリ……お酒に対しては博愛主義者の佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。好物なのかどうか、自分でもよくわからないものの一つが、ところてんです。

心太・ところてん—天草などの海藻を煮溶かして、漉して、冷やし固めたものを、専用の器具で麺状に突き出した食べ物。古くは「こころぶと」「こころてん」とも。関東では酢醤油、関西では黒蜜をかけて、江戸時代から庶民の涼味として親しまれてきた。近年は低カロリーのダイエット食品としても注目されている。

 毎年夏になると、スーパーでところてんを見かけては「お、いいね」と買ってきて、思ったよりおいしくなくてがっかり…。翌年も懲りずにまた「お、いいね」と、同じことを繰り返してしまう。私はところてんという食べ物が好きなんだろうか、それとも夏の雰囲気にそそのかされているだけなんだろうか……。
 漠然とした疑問に決着をつけるため、一日中ところてんだけを食すという実験を敢行することにしました。前々から気になっていた、ところてんの製造直売所があるのです。駅から徒歩十分の住宅街、「村田商店」というそっけない店名、工場の入口に机だけ置いたような地味な店構え。これはおいしくないわけがない。逆に、おいしくないと思ったら「私はところてんがそれほど好きではないのだ」と納得できる。最小サイズが六人前なので、ダイエットも兼ねて一気食い、ついでに色んな味を試してみよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

IAmemiya 心太と書いてところてんと読むことを、はずかしながら今日初めて知りました…。ところてん連続食の首尾は如何に。私も食べたくなりました。句も夏らしくてとてもいいです。ぜひ! 5年弱前 replyretweetfavorite