魚と米と野菜と幸せを一緒に食べるマデイラ定食「めかじきのオレガノグリルとタイムごはん」

つい先日まで、ポルトガルのマデイラ島を訪れていた馬田草織さん。ポルトガルといっても、かなり沖合いの、どちらかと言うとアフリカ寄りにあるのがマデイラ島。数多くのポルトガル料理を紹介してきたこの連載ですが、今回はまた特徴的なレシピになりそうです。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

秋も深まる今日この頃ですが、私はつい先日まで、まだ夏があちこちに残るポルトガルのマデイラ島を取材していました。ん、マデイラ島ってどこ? グーグルマップで検索すると、島の周りはしばらく海だらけ。何もない。ずーっと引いて見ると、ようやく隣に大きなアフリカ大陸が見えてきて、なんだここ、イベリア半島の管轄っていうよりはアフリカ大陸から飛び出たような位置じゃん、と思わせます。ポルトガルの首都リスボンからは約1000キロ離れ、ちょうどモロッコのカサブランカと北緯が同じぐらい。海辺の平地なら、天気がいいと11月でもまだまだ半袖で心地いいぐらい。そんな温かいところを訪ねていました。ちなみに、マデイラ島はクリスティアーノ・ロナウドの故郷。空港名も、いまやクリスティアーノ・ロナウド・マデイラ国際空港。びっくりするほど本人に似ていないことで有名な胸像もあります。

マデイラ島は次の書籍を書くために訪ねたのですが、食が飛び抜けて面白い土地でした。同じポルトガルなのに、食文化は完全に独立国家。日本でいうところの沖縄的なオリジナリティーがあります。かつて16世紀の大航海時代に、旅に出る前や帰って来た船が食料や水などを摘んだ寄港地だったこともあり、アフリカやアジアからもたらされたスパイスやハーブの使い方が土地の料理にもしっかりとその痕跡を残し、なんとも魅力的。島オリジナルのカレースパイスなんていうものもあって、大航海時代のヨーロッパとアフリカ、アジアを結ぶ味の地図が透けて見えてきます。

そんな中、日本人にもびしびし響く料理にもたくさん出会いました。海に囲まれた土地柄、マデイラ島では魚介類をたくさん食べるわけですが、どこの定食屋でもあるのが、まぐろや白身魚のグリル。肉に使う基本の調味料は塩、にんにく、オリーブオイル、そしてオレガノ。好みでレモンを絞って。付け合わせのお決まりは白米。島で定番のセグレーリャというタイムのような芳香のハーブとオリーブオイル、少々の玉ねぎを使って白く炊き上げた米です。あとは茹でたじゃがいもに、トマトやレタスなどのシンプルなサラダを添えて。これにワインやビールを引っ掛けるランチが締めて6ユーロほど。この上ない幸せを感じました。そんなマデイラの定番ランチを参考に、今回の「めかじきのオレガノグリルとタイムごはん」を考えてみました。魚のグリルと米、野菜を一緒にいただく、呑めるマデイラ定食といった感じです。

マデイラでは庶民に身近な存在のまぐろがグリルの定番ですが、日本で作ると悲しいかな高級ステーキになってしまう。そこで、食感も近くてグリルに向く、手頃なめかじきで作ります。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「めかじきのオレガノグリルとタイムごはん

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kumakuma12pooh2 読んでるだけで生唾が(о´∀`о) 6ヶ月前 replyretweetfavorite

tomshirai 青魚好きな私にとって、めかじきはあまり好みじゃないけど、これは美味しそう! 6ヶ月前 replyretweetfavorite

elba_isola |馬田草織 @saoribada |ポルトガル食堂 こんなステキな料理をぱぱっ作れる人になりたい。 https://t.co/3hUwXPEvtt 6ヶ月前 replyretweetfavorite

abgk これまた旨そう。今度作ってみよ。 6ヶ月前 replyretweetfavorite